SSSS.GRIDMAN(グリッドマン)の第10話のネタバレと感想!最新話のあらすじなど!

アニメ
スポンサードリンク

某雑誌によると、2018秋アニメの中でツイート数第1位という大人気のSSSS.GRIDMANの第10話 『崩・壊』ネタバレと感想、あらすじなどです。

第9話で、アカネの心に触れたことにより、アカネは、この世界を作った神のような存在であるととに救うべき対象であると認識した裕太たちグリッドマン同盟とグリッドマン。

果たして、彼らはアカネを救うことができるのか!

そんなSSSS.GRIDMAN 第10話 『崩・壊』です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

行方不明となるアカネ

自分たちがアカネに作られた存在であることに今更ながら愕然とする内海と六花。

しかし、今はゴチャゴチャ言っていても始まりません。

とりあえず、アカネに会うことになり、アカネの家に行きましたが、すでにもぬけの殻。

アカネは、学校にも来ず、行方不明となってしまいました。

奇妙な怪獣の襲来

そんな時に街に怪獣が現れます。

怪獣が現れたことで、アカネは、まだこの街のどこかにいることはわかりました。

グリッドマンと新世紀中学生が出撃して、フルパワーグリッドマンとなり、怪獣に立ち向かいますが、怪獣はあっさりと倒されてしまいました。

その後、アンチが怪獣に変身して、フルパワーグリッドマンに襲い掛かりますが、これも退けます。

アカネが目撃したものは

あっさり死んだ怪獣に違和感を抱くグリッドマンたち。いつもなら消える死体もそのまま放置されています。

そして、その夜、怪獣の死体の中から新たに怪獣が現れます。

それを見たアレクシス・ケリヴが「中の人が出てきたぞ」とつぶやきます。

実は、この怪獣は、アカネが作り出した街を管理する管理怪獣なのです。

この管理怪獣は、街を手あたり次第に破壊していきます。

それを見た裕太たちは、フルパワーグリッドマンとなり、怪獣迎撃に向かいます。

しかし、それを偶然通りがかったアカネに目撃されてしまいます。

グリッドマン絶体絶命の大ピンチ!しかし、そこに現れたのは!?

怪獣を迎撃に出たフルパワーグリッドマンですが、管理怪獣のトリッキーな動きに翻弄され苦戦します。

遂に管理怪獣にマウントを取られたあげく首を絞められるグリッドマン、絶体絶命のピンチです!

その時、アンチが怪獣となり、管理怪獣を背後から体当たりをして、グリッドマンを救い出します。

グリッドマンを倒すのは自分であり、ここでグリッドマンを倒されるわけにはいかないのです。

そして、コピー能力を利用して、グリッドマンそっくりの超人の姿となりました。

アンチは、アカネに作られた怪獣のためアカネの心を読むことができ、そのため、グリッドマンが翻弄された管理怪獣のトリッキーな動きを読むことができるのです。

アンチは、管理怪獣を掴んで投げ飛ばすと、必殺技で管理怪獣を真っ二つにして倒しました。

アカネとの対峙そして…

怪獣が倒されたことにより、グリッドマンと分離し、絢に戻る裕太。

そこへアカネが絢に入ってきました。

遂にグリッドマンの秘密を知るアカネ。

廃棄物を利用してグリッドマンに変身していたとは、物を作っては捨てていたアカネには思いもよりませんでした。

アカネと話そうと前に出る裕太にアカネが飛び込んできて、裕太は崩れ落ちます。

アカネの手には血に染まったカッターがありました…。

感想

自分が作った町なのに、グリッドマンのせいで自分の思うようにならず、感情を失っていくアカネ。

そして、ついに裕太に対してダイレクトアタックをしてしまいました。

これまでにアンチに裕太を殺させようとしたこともあるアカネなので、裕太に危害を加えたこと自体不思議ではありませんが、自分の手で刺すとは思いませんでした。

これで、単純にアカネを救うという物語ではなくなってきたように思います。

この展開だと、アカネを改心させる方向ではなく、この世からいなくなる方向の終わり方のような気がします。

アカネという存在はいったいなんなのか、考えさせられる回でした

いよいよ佳境のSSSS.GRIDMAN、次回は必見です!

スポンサーリンク