Fate strange Fakeの最新刊(6巻)の発売日はいつ?内容やネタバレを予想してみた

ファンタジー
スポンサードリンク

ギルガメッシュとリチャードの一騎打ち、宝具を奪われたバーサーカーが警察陣営と手を組んでアルケイデスに対抗するという2つの戦いが行われました。

他にも、シグマとアサシンは死徒ジェスターと対決し、これらの緊迫した展開にも決着がついた聖杯戦争の三日目でしたね。

 

そして、遂に1人目の脱落者が出てしまいました。

ただ、純粋な退場とは言い難いので、ギルガメッシュもいつかは戻ってくるのでしょう。

まだ折り返し地点を過ぎた(はず)ですし、今後の活躍に期待です。

 

スポンサードリンク

Fate/strange Fakeの発売日は?

最新の第5巻が2019年4月10日に発売されています。

第6巻が店頭に並ぶのはいつ頃でしょうか。

次の表を参考に予想してみました。

 

巻数 発売日 間隔 目安
第01巻 2015年01月10日
第02巻 2015年05月09日 4ヶ月
第03巻 2016年05月10日 12ヶ月
第04巻 2017年04月08日 11ヶ月
第05巻 2019年04月10日 24ヶ月

 

(◎=早、○=普、●=遅)

 

発売の間隔は平均して約1年半強といったところでしょうか。

作者は長期入院されていたので、年1冊ペースと考えたら順当な速度かもしれません。

そのあたりを加味すると、第6巻の発売日は2020年の4月頃になりそうですね。

先に自分の身体を労ってほしいと思ってしまいますが……。

 

 

Fate/strange Fakeのネタバレは

次巻は出番のなかった陣営が活躍するようです。

本命としては、ペイルライダーに関する事柄に決着をつけるような展開になるのでしょうか。

そして、アルケイデスがちょっと強すぎるので、対抗処置が執られるのかもしれません。

 

また、真バーサーカーの正体はフワワ(フンババ)であると判明していますが、こちらはギルガメッシュが復帰するまでお預けになりそうですね。

それに、正体といえばアヤカが人間ではないという部分も気になってしまうもの。

 

ところで、ガス会社の扱いはこのままなのでしょうか。

大穴で復讐劇なんてのがきたらどうしましょう?

 

Fate/strange Fakeのあらすじ

TYPE-MOON×電撃文庫×成田良悟で贈る『Fate』新シリーズ

 

それは「偽りだらけの聖杯戦争」。その聖杯に満ちる魂は、真実か、それとも――。第五次聖杯戦争から数年後、米国西部にて発現した“聖杯戦争”の行方は……。

※電撃文庫より引用(https://dengekibunko.jp/product/fate/312193100000.html

 

どんな願いでも叶えてくれるという不思議な聖杯をめぐり、過去に存在した英雄を呼び出して奪い合う聖杯戦争。

第5次聖杯戦争が日本の冬木市で行われてから数年後、アメリカ西部にあるスノーフィールドで聖杯発現の予兆が見られました。

これを魔術協会が調査したところ、何者かが聖杯戦争の技術を模倣した贋物であることが判明します。

ところが、贋物であっても聖杯でもあるため、偽りの聖杯戦争が開かれます。

ただし、システムには欠陥が存在していて、然るべきクラスが欠けて、あり得ないサーヴァントが召喚されるのでした。

 

まとめ

元々はエイプリルフールのネタ(Fake/states night)だったこの作品。

作者曰く10巻構成らしいですが、本当にこの巻数で終われるのかは疑問です。

今のペースで各陣営の端から端まで描写していたら尺が足りない気がしますよね。

 

内容については他のFateシリーズからの小ネタが多く、Fateの生みの親である奈須きのこさんが監修されていますので、Fateファンの方なら間違いなく楽しめるはず。

 

ある程度のストックさえあればアニメ化は約束されたような人気ですし、次の休みにでも一気読みされてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク