現実主義勇者の王国再建記の最新刊(12巻)はいつ?内容やネタバレを予想してみた

オーバーラップ
スポンサードリンク

「現実主義勇者の王国再建記」の小説は11巻、漫画は4巻まで出ています。

オーバーラップ文庫より2016年5月から刊行されている大人気ライトノベルです。

今注目が集まる「現実主義勇者の王国再建記」の内容やネタバレ、最新刊の発売日予想などをまとめてみました。

尚、その『現実主義勇者の王国再建記』の最新刊は、eBookJapanでお得に読む事が出来ます。

 

 

https://ikebomanga-ten.jp/genjitusyugisya

スポンサードリンク

現実主義勇者の王国再建記の小説11巻のあらすじ。

前巻の結婚ラッシュがひと段落し、物語は新たな章へ…。

婚礼の儀と戴冠式を終え、真の国王となったソーマは、5人の嫁たちと密月を過ごします。

一方、義妹である妖狼族のトモエは、イチハ・ユリガとともに『王立アカデミー』へと入学します。

多くの生徒達から注目を浴びつつも、学園生活を謳歌するトモエたち。

その裏でソーマは、大規模な魔法実験である『東西リアル歌合戦』、魔物研究の一環『魔物学シンポジウム』など、様々な催しを開催しながら、魔王対策を着実に進めて行きます。

トモエのクラスメイトであるウェルザ、ルーシーと新たなキャラクターも加わり、全体的に和気あいあいとした学園編でした。

現実主義勇者の王国再建記の小説の発売日は?

巻数 発売日 間隔
第01巻 2016年05月25日
第02巻 2016年09月25日 4ヶ月
第03巻 2017年02月25日 5ヶ月
第04巻 2017年06月25日 4ヶ月
第05巻 2017年10月25日 4ヶ月
第06巻 2018年02月25日 4ヶ月
第07巻 2018年06月25日 4ヶ月
第08巻 2018年10月25日 4ヶ月
第09巻 2019年02月25日 4ヶ月
第10巻 2019年06月25日 4ヶ月
第11巻 2019年10月25日 4ヶ月

現実主義勇者の王国再建記の小説の最新刊(12巻)の発売日は?

だいたい4ヶ月の間隔で発売されています。

このペースでいくと、第12巻は2020年の2月頃が予想されます。

現実主義勇者の王国再建記の漫画の最新刊(5巻)の発売日は?

巻数 発売日 間隔
第01巻 2018年02月25日
第02巻 2018年08月25日 6ヶ月
第03巻 2019年02月25日 6ヶ月
第04巻 2019年10月25日 8ヶ月

だいたい6~8ヶ月の間隔で発売されています。

このペースでいくと、第5巻は2020年4~6月頃が予想されます。

現実主義勇者の王国再建記の漫画の最新刊以降を読む方法

最新刊発売まで待てない、続きが気になって仕方がないという方もいらっしゃると思います。

最新刊以降を読むにはどうすればいいかをご紹介します。

現実主義勇者の王国再建記の漫画の最新話はコミックガルドで読める

漫画版「現実主義勇者の王国再建記」は、無料漫画サイト・コミックガルドで連載されています。

第1~2話・最新話を無料で読むことができます。

現実主義勇者の王国再建記の最新刊はeBookJapanでお得に読める。

電子書籍ストアeBookJapan(イーブックジャパン)で、「現実主義勇者の王国再建記」を購入すると金額の1%のポイントが貰えます。

貯まったポイントは1ポイント=1円相当として利用することができます。

「現実主義勇者の王国再建記」以外にも、様々な書籍が揃っており、「無料で全ページ立読」や「割引SALE」などお得に購入することもできます。

 

 

尚、eBookJapanについてもっと詳しく知りたい方は、こちらへお進みください。

電脳書庫
電脳書庫
https://ikebomanga-ten.jp/densisyoseki/ebookjapannotukaikata
電子書籍、ライトノベル、それらを原作にしたアニメのネタバレや最新刊の情報をお届け!

現実主義勇者の王国再建記のネタバレは

幸せムード溢れる日常・学園編から一変。

またもや想定外の面倒ごとが起こります。

王国から東にある九頭龍諸島連合王国から、王女シャボンと護衛のキシュンがお忍びで、

ソーマを訪ねてきます。

王国と九頭龍諸島の戦争を阻止するため、シャボンはソーマの妾になることを持ち掛けます。

しかし、シャボンの発言に怒りを覚えたソーマに、一度は追い返されますが、再び謁見の場を設け真の目的を話します。

九頭龍諸島に現れ、不漁の原因となっている怪物『オオヤミズチ』の討伐。

戦争回避と新たな領地獲得のため、ソーマ一行は九頭龍諸島を目指します。

現実主義勇者の王国再建記のあらすじ

異世界に召喚された少年・相馬一也こと勇者ソーマの冒険が今――始まらない!

魔王の出現により世界の危機が訪れた異世界、経済難のエルフリーデン王国は、帝国への魔王討伐の支援金の代わりに、勇者を召喚して差し出すように要請されます。

しかし、自らを守るためにソーマは、富国強兵政策で王国の再建を提案。

それがキッカケで、国王に気に入られてしまったソーマは、なんと王位を譲られることに!?

しかも国王の娘リーシアを婚約者とされ、逃れられない状況になってしまいます。

こうしてソーマは冒険に出ることもなく、国を再建するための人材募集を始めます。

現代の歴史・政治知識をフル活用させながら、傾きかけた王国を救うため仲間とともに奔走する、若き王の物語が幕を開けるのでした。

まとめ

主人公は勇者でありながら、内政が中心の異世界転移ファンタジーです。

内政が苦手な前国王に代わり、現実主義で有能な主人公が、人材募集、娯楽の提供、食糧事情の改善など、バリバリ政治をこなして王国再建に奮闘します。

歴史・経済・政治がお好きな方はもちろん、苦手な方にも、小ネタをはさみつつテンポよく進むので、とっつきやすい作品になっています。

突然呼び出された異世界の地で、元王女リーシアや、人材募集で集まった様々な“才能”をもった個性的な仲間達に支えられ、主導者として民を導いていく主人公のサクセスストーリー。

今後ますます人気がでそうな「現実主義勇者の王国再建記」。

ぜひ、チェックしてみてはいかがでしょうか。

<

p style=”text-align: center;”>

スポンサーリンク