始まりの魔法使いの5巻の発売日やアニメ化はいつ?内容やネタバレを調べてみた

ファンタジア文庫
スポンサードリンク

作者が石之宮カントさん、イラストがファルまろさんによるライトノベルのファンタジー作品です。

Web小説のコンテストにて特別賞を受賞し、「このライトノベルがすごい!2018」にて15位にもランクインした評価の高い作品です!

 

スポンサードリンク

始まりの魔法使いのあらすじ

 

主人公はあらゆる魔術、妖怪、幽霊など世界各地の神話・伝説などを調べあげ、世界的に有名なオカルト研究家として知られていました。89年という月日、、、。

しかし、この世にはいくら調べても神秘などはないとわかりそのまま死を迎えました。

ある時死んだはずの自分が意識があるのに気づきます。その時前世の記憶を持ちながらも生前で、母である何かの胎内にいるのでした。

生まれた時自分の体は赤く人間ではないことがわかり、何倍もの大きさはあるであろう母親が自分の体をなめている状況でした。

前世であれだけ調べてもないと思っていた、、、しかし生まれかわったのはドラゴンでした。

前世の記憶を持ちながら新たな人生を送る主人公の壮大な物語です。

 

スポンサードリンク

 

始まりの魔法使いの5巻の発売日は?

 

巻数 発売日
1巻 2017年 5/20
2巻 同年  9/20
3巻 2018年 2/20
4巻 同年 9/20

5巻は、2019年1月19日に発売予定になっています。

始まりの魔法使いのネタバレは

話が進むにつれ、精霊魔法がどんどん発展してきたことから精霊災害が起こるようになります。

4巻では災害の犠牲者の赤ちゃんを拾った事でまた話も新たな展開へと進んだように感じられました。

この先5巻では、まだまだ技術や文明的な部分が発展をとげ、より一層壮大な物語へとつながっていくのではと思いました。

これまでの1巻から4巻までの登場人物の多さから、また新しい人物が登場しひと波乱ある事も予想されます。

ただ穏やかな部族も多いので、ひと波乱ありつつも良い方向へと向かっていくのではないかとも思いました。

アニメ化はいつになりそうか

この作品は2018年に人気声優により朗読化したものが、Webサイト「Kataryte.com」
にて配信されていました。

アニメ化の予定はまだ発表などありませんが、これだけ壮大な物語となっているこの作品。

アニメにしてみても、深くおもしろい話になると思います。

評価も高い事から、このまま人気が続けば来年内にもアニメ化する可能性はかなり高いです。

まとめ

タイトルを読んだ時はよくある異世界ものかもしれないと思いましたが、全く違っていました。(もちろん異世界ものはおもしろい作品はたくさんあります!)

良い意味でライトノベルの域ではおさまらない内容であると思います。

前世から始まり、その記憶を持ったまま生まれ変わり、前世で自分が学び習得した事を元にしながら今いる世界が発展していく。

壮大ながら、話の広がり方がかなりわかりやすくなっていて、読んでいて心の中で「これはすごい!」と何度も思ってしまうほどでした。

まだまだ先に続いてほしい作品です。

人気も今以上に上がっていくことは予想できました。

続きが楽しみです!

スポンサーリンク