いぶそう(異世界迷宮の最深部を目指そう)の最新刊(13巻)の発売日はいつ?内容やネタバレを予想してみた

オーバーラップ
スポンサードリンク

 

1000年の時を超えて因果が絡み合う異世界迷宮の最深部を目指そうは、現時点で小説の第12巻までが好評発売中です。

 

2912年10月から小説家になろうで連載され、2014年7月に書籍化されました。

2019年7月にはコミカライズも始まっています。

 

さて、そんな異世界迷宮の最深部を目指そうですが、最新刊の発売日はいつ頃になるのでしょうか。

その内容やネタバレ、そして発売日を予想してみました。

 

尚、その異世界迷宮の最深部を目指そうの最新刊は、eBookJapanでお手頃価格で読む事が可能ですよ。

 

 

スポンサードリンク

異世界迷宮の最深部を目指そうの12巻のあらすじ

『風の理を盗むもの』ティティーをヴィアイシア国へ送り届けるカナミたち。

その一方、王都では『木の理を盗むもの』アイドがカナミとの決闘に備え、迎撃態勢を整えていました。

 

1000年前から『統べる王』の姉に憧れて、傍に居たいがために宰相となったアイド。

しかし、いま隣に立っているのはカナミです。

そのため、今回は主にアイド視点で話が進んでいき、カナミは敵役のポジションでした。

 

すべては『統べる王』のためと悲壮な決意を見せるアイドに、カナミは真っ向からぶつかっていきます。

そうして、何が大切であるかを思い出させ、1000年前から引きずってきた姉弟のすれ違いに決着が付きました。

 

誇れる存在になりたくて、弱みを見せたくないが故に引き起こされたこの悲劇。

姉弟の還る場所と約束も無事に守られて、第6章が終幕しましたね。

久方ぶりに綺麗な結末を迎えたのではないでしょうか。

 

異世界迷宮の最深部を目指そうの小説の発売日は?

最新の第12巻が2019年7月25日に発売されています。

次の第13巻が店頭に並ぶのはいつ頃でしょうか。

以下の表を参考に予想してみました。

 

異世界迷宮の最深部を目指そうの小説の最新刊(13巻)の発売日は?

巻数 発売日 間隔 目安
第01巻 2014年07月25日
第02巻 2014年10月25日 3ヶ月 |||
第03巻 2015年02月25日 4ヶ月 ||||
第04巻 2015年07月25日 5ヶ月 |||||
第05巻 2015年10月25日 3ヶ月 |||
第06巻 2016年01月25日 3ヶ月 |||
第07巻 2016年07月25日 6ヶ月 ||||||
第08巻 2016年11月25日 4ヶ月 ||||
第09巻 2017年09月25日 10ヶ月 ||||||||||
第10巻 2018年03月25日 6ヶ月 ||||||
第11巻 2018年08月25日 5ヶ月 |||||
第12巻 2019年07月25日 11ヶ月 |||||||||||

 

発売の間隔は平均して約5ヶ月半といったところでしょうか。

長く間が開いた後は、前巻からほぼ半分のスパンで発刊されていました。

そのあたりを考慮すると、第13巻の発売日は2020年の1月頃になりそうですね。

 

 

異世界迷宮の最深部を目指そうの漫画の最新刊(1巻)の発売日は?

巻数 発売日 間隔 目安
第01巻 未定

 

まだ連載が開始された段階のため、参考データが存在していません。

そのコミカライズも7月19日に始まったばかりですので、今暫くの時間が要されるでしょう。

こういった点を踏まえると、第1巻の発売日は2019年の12月以降になりそうですね。

 

異世界迷宮の最深部を目指そうの最新刊以降を読む方法

漫画の連載は始まったものの、発売まで待っていられないと感じていませんか?

実は、まだ単行本に収録されていない話を読めるサイトが存在します。

もちろん、何とか村のように違法なものではありませんよ。

 

異世界迷宮の最深部を目指そうの最新話はコミックガルドで読める

異世界迷宮の最深部を目指そうコミックガルドで連載が始まりましたので、こちらでなら収録前の話を読むことが出来るんです。

しかも、最新話は無料で閲覧することが可能ですし、是非ともチェックしてみてくださいね。

 

異世界迷宮の最深部を目指そうの最新刊はeBookJapanでお得に読める

どこで買っても同じ物なら、少しでもお得に手に入れたいのが人情ってものでしょう。

eBookJapanだとポイントが溜まるので、普通の店舗で買うよりもお得に入手できますよ。

電子書籍ならスマホがあれば事足りるため、保管場所に困らないのが利点ですね。

異世界迷宮の最深部を目指そうのネタバレは

フーズヤーズ大聖堂のトップであるラスティアラは、聖人ティアラの血を集めてくるよう騎士に頼みました。

この密命を受けた騎士にライナーがいて、序盤は彼の視点で進行します。

 

ある日、忠実に任務をこなしていたライナーの前に、心臓が止まっているはずの魔石人間に乗り移った聖人ティアラの残留思念が現れます。

用件はティアラ復活の阻止と、来る日に備えてライナーを強くしたいとのこと。

 

これは陽滝に勝てそうなのはライナーだけで、場合によっては相川兄妹の両方と同時に戦うことになるようです。

そうなれば世界に危機が訪れるため、適当に残っていた伝説どおり世界平和に貢献しに来たという体でした。

 

そして、ライナーは聖人の力に興味があって、それを貰えるのならと手を結びます。

力の受け渡しには、数日後に行われる最後の『血移し』の儀式を乗っ取るつもりでした。

 

こうして、ラスティアラ回となる第7-1章『愛の告白』が始まるでしょう。

 

異世界迷宮の最深部を目指そうのあらすじ

「絶対におまえを助ける。そのためなら、僕は――!!」
 
見覚えのない回廊で目覚めた相川渦波(アイカワ・カナミ)は、魔物から受けた傷をラスティアラという美少女に治療してもらい、ここが非常にゲーム的な異世界であることを知る。
カナミは優遇されたステータスやスキルを武器に、美少女剣士のディアと『どんな望みでも叶う』と噂される迷宮の最深部に向けて突き進んでいく――。
 
これは少年が迷宮の最深部(しんじつ)を暴き、願いを叶える物語。
※オーバーラップ文庫より引用(https://over-lap.co.jp/narou/906866793/

 

異世界に召喚された相川渦波は、共に居る妹・陽滝の病を治すために仲間と旅に出ます。

しかし、仲間の『使徒』シスが提案した方法が失敗に終わり、陽滝は『化け物』となった末に死んでしまいました。

これに絶望した渦波は復讐に走り、世界を二分する戦争でシスと敵対する戦いが続いた末、仲間の『聖人』ティアラが陽滝の魂を『魔石化』したことで希望を取り戻します。

その後、ティアラと共に陽滝の復活を目指して計画を立てる渦波でしたが、『使徒』レガシィの裏切りによって妨害されました。

それから1000年後、記憶を失ったカナミはとある迷宮の回廊で目を覚まします。

 

まとめ

そろそろ終盤に差し掛かってきたと思われますが、ようやくコミカライズが開始されました。

次巻から始まる第7章はかなりの長編ですし、いきなり終わることはないでしょう。

また、小説家になろうではいぶそうの外伝が公開されていますので、息抜きがてらに読んでみてはいかがでしょうか。

尚、その異世界迷宮の最深部を目指そうの最新刊は、eBookJapanでお手頃価格で読む事が可能ですので、この機会に活用してみてください。

 

スポンサーリンク