異世界迷宮でハーレムを(小説)の10巻はいつ?内容やネタバレを予想してみた

ヒーロー文庫
スポンサードリンク

 

『異世界迷宮でハーレムを』とは、おなじみの「小説家になろう」にて連載中の作品なのですが、「小説家になろう」時の連載タイトルは「異世界迷宮で『奴隷』ハーレムを」になっており、商業化に伴い変更されています。

 

作者は蘇我捨恥先生、小説のイラストは「フルメタル・パニック!」などの作品で有名な四季童子先生です。

 

氷樹一世先生によって既にコミカライズ済みです。

 

スポンサードリンク

異世界迷宮でハーレムをのあらすじ

 

 

主人公・加賀道夫はゲームだと持って初期設定を行ったら、異世界へと転移させられてしまう。

気がついた時には異世界の田舎村で、その村は山賊によって襲撃を受けてしまう。

しかし、転移前にキャラメイクで設定していた武器やスキルなどを実際に行使する事が出来、道夫は山賊たちを撃退する。

道夫が転移した異世界には迷宮が存在し、魔物が徘徊する世界です。

試しに迷宮に入った道夫は、自分の武器とスキルで生き抜くことが出来るのを確認します。

そんな道夫に奴隷商人は狼人族の女奴隷・ロクサーヌを紹介します。

迷宮に潜るのなら奴隷を所有した方がいいというのです。

道夫は苦労してお金を貯めてロクサーヌを買います。

 

スポンサードリンク

 

異世界迷宮でハーレムをの発売日は?

 

巻数 発売日
1巻 2012年12月21日
2巻 2013年4月30日
3巻 2013年11月29日
4巻 2014年5月30日
5巻 2015年4月27日
6巻 2015年12月28日
7巻 2017年2月27日
8巻 2017年11月30日
9巻 2018年12月28日

 

上記のペースを観て頂けると分かるのですが、発売間隔が長い作者となっております。

現在も連載が2015年7回。2016年3回、2017年4回、そして2018年は1回と2015年以降連載のペースがガクンと落ちてしまわれています。

作品の方は文庫とコミック併せて累計95万部突破と、ライトノベルの発行部数の中では多い方の作品ですので、改稿やコミカライズのチェックに蘇我捨恥先生も忙しいのかもしれませんが、ファンとしてはいつか連載が途中で終了してしまうのではないかと心配になってしまいます。

 

次巻は同じように1年後となると2020年以降の発売になると思います。

 

異世界迷宮でハーレムをのネタバレは?

 

9巻は竜人族の奴隷ベスタを落札し、狼人族のロクサーヌ、ドワーフのセリー、猫人族のミリア、竜人族のベスタとなり、道夫は美少女4人をパーティーに加えます。

ベスタの活躍で迷宮探索も以前よりも捗るようになるのですが、いつものように迷宮探索を行っていると、ロクサーヌが魔物の位置がわからなくなったと戸惑いだします。

 

小説家の際に加筆され、より広く深くなるのですが、最後は「小説家になろう」とは展開が変わってきましたので、小説とwebで話が変わってくるのかもしれません。

原作を読んでいても、小説では話が変わってくるとなると楽しみが増えますね。

 

まとめ

 

「小説家になろう」と話が変わってきていると考えると、連載よりも加筆、改稿だけではなく、改変作業を行われている事になりますので、連載が滞ってしまうのは残念ですが、より楽しめる作品になると信じるしかないのかもしれません。

次巻が出るのが早いのか、連載の最新話が掲載されるのが早いのかも不明です。

 

ただ、小説が累計35万部、コミックが3巻までで累計60万部だとすると、コミック人気は凄まじいと思います。

今回は小説の発売よりも、最新話の連載日の予想の方が難しかったですが、蘇我捨恥先生には無事に異世界迷宮でハーレムをを完結させて頂きたいです。

スポンサーリンク