自称Fランク(自称Fランクのお兄さまがゲームで評価される学園の頂点に君臨するそうですよ?)の最新刊(7巻)の発売日はいつ?

MF文庫J
スポンサードリンク

新生徒会や隷徒メンバーと共に獣王遊戯祭の代表選抜戦に臨む紅蓮たち。

敗者には下剋上を、勝者は更なる飛躍を求める最中、突如として現れた刺客のクラウンが乱入してきました。

 

心を許したライバル水葉の仇討ちや、最愛の紅蓮を守る盾となる覚悟を証明するため、自分の命すら賭けて奮闘する可憐。

しかし、結局は紅蓮が尻ぬぐいをして、アルセフィア王国へ旅立つという内容でしたね。

 

冒頭では砕城兄妹の過去に触れていたので、その後の展開に相乗効果があったと思います。

それと、獅子王レジャーランドでの夏祭りも見逃せません。浴衣ですよ!

 

スポンサードリンク

自称Fランクのお兄さまがゲームで評価される学園の頂点に君臨するそうですよ?の発売日は?

最新の第6巻が2019年3月25日に発売されています。

第7巻が店頭に並ぶのはいつ頃でしょうか。

次の表を参考に予想してみました。

 

巻数 発売日 間隔 目安
第01巻 2017年04月25日
第02巻 2017年08月25日 4ヶ月
第03巻 2018年01月25日 5ヶ月
第04巻 2018年05月25日 4ヶ月
第05巻 2018年10月25日 5ヶ月
第06巻 2019年03月25日 5ヶ月

 

(◎=早、○=普、●=遅)

 

発売の間隔は平均して約4ヶ月半といったところでしょうか。

まだ巻数が多いとはいえませんが、あまりブレ幅はないようです。

そのあたりを考慮すると、第7巻の発売日は2019年の7~8月頃になりそうですね。

 

 

自称Fランクのお兄さまがゲームで評価される学園の頂点に君臨するそうですよ?のネタバレは

代表選抜戦でしたので、次は本戦が待っています。

世界中の猛者が集まって頂点を決めるような代理戦争ですね。

 

ここでも無双する紅蓮の姿は容易に予想できますが、成長した可憐も見てみたい。

ただ守られるだけの存在ではなくて、並び立つ妹というのも乙なものではないでしょうか。

それと、留守番となったメンバーは今後の出番が危ぶまれますので、こちらも何らかの手段が講じられることを期待します。

 

こうして見ると、前巻はちょうど間を埋めるような位置づけだったのでしょう。

もしかしたら見落としている伏線があるかもしれませんね。

 

自称Fランクのお兄さまがゲームで評価される学園の頂点に君臨するそうですよ?のあらすじ

学業、運動、家柄、あらゆる分野のエリートだけを集めた日本最高峰の名門校・獅子王学園。

だがその実態は、ゲームの結果ですべてが評価される弱肉強食の学園。

絶対的な強者—獅子のみが生き残れる修羅の世界だった。

裏世界のゲームで常勝無敗の伝説を残しながらも、面倒のない普通の人生を歩みたい主人公・砕城紅蓮は、入学試験で手を抜き、目論見通り最低位のFランクに認定される。

しかし兄を心から愛する血の繋がった妹・砕城可憐と再会し、事態は急変。

そして学園の『悪意』が可憐を襲ったとき、紅蓮は真の実力を発揮する——!

(自称)Fランクの紅蓮が並み居る強敵を屈服させる、学園ゲーム系頭脳バトル開幕!

※MF文庫Jより引用(https://mfbunkoj.jp/special/frank/

 

戦争などで死者を出させないため、国の行く末すら遊戯で決めてしまう世界。

裏世界では常勝無敗を誇るものの、平穏な暮らしを求める砕城紅蓮は入試で手を抜きました。

その結果、目論見通りに最低ランクとなるFの座に納まります。

ところが、血の繋がった最愛の妹が学園の悪意に晒された時、兄の紅蓮はその実力を遺憾なく発揮するのでした。

この事から紅蓮は紛れもないシスコンなのですが、さらにハーレム要素も加わって、最強の名を欲しいままにする頭脳バトル無双な物語です。

 

まとめ

学園という小さな舞台から国境を越えた国盗り合戦になってきました。

何だか随分と壮大なスケールですが、こちらでも紅蓮は頂点に君臨するのでしょうか。

 

そして、全てをゲームで決める世界、GPがなくなれば退学か隷徒の二択、最強のお兄様。

これらのフレーズに「おや?」と思った方、この作品を楽しめる可能性がありますよ。

どこかで見たことのある設定ですし、少なくとも大ハズレという結果はないかもしれません。

スポンサーリンク