十歳の最強魔導師の6巻の発売日はいつ?内容やネタバレを調べてみた

ヒーロー文庫
スポンサードリンク

『十歳の最強魔導師』は、ヒーロー文庫から刊行されている日本のライトノベルです。
著者は天乃聖樹さん、イラストはフカヒレさんが担当されています。
2017年3月25日に第1巻が発刊され、2018年11月30日には最新の第5巻が発売されました。

コミカライズはまだされていないようですが、書籍の帯には『十歳の奴隷少女』と気合いが入っており、美少女てんこ盛りの魔法学校ライフな注目作です。

 

スポンサードリンク

十歳の最強魔導師のあらすじ

 

十歳の少女フェリスは、魔石鉱山で働く奴隷。毎日の仕事は過酷で、身なりも貧しかったが、決して笑顔を絶やさなかった。あるとき、魔石鉱山が正体不明の魔術師たちに破壊され、フェリスは一人だけ生き残る。逃げ出した先で出会ったのは、アリシアという名の美しいお嬢様。怪しい連中に誘拐されそうになっていたアリシアを、フェリスは無我夢中で救出する。その御礼にアリシアの屋敷に招待されたフェリスは、そこで魔法の才能を見出されて――。

※ヒーロー文庫より引用(https://herobunko.com/category/books/hero45/

 

 

魔法の才能を見出されたフェリスは魔法学校に入学します。

優しい人たちに見守られながら瞬く間に魔法の才能を伸ばしていくのですが、この力を欲した勢力が動き出します。

しかし、それだけの才能を秘めていることにフェリス自身は気付いていません。

それどころか、今日もごはんがいっぱい食べられるだけで満足になる純真娘。

こういったほのぼのストーリーに見えそうですが、冒頭は意外とハードな展開も。

 

最強の武器は笑顔と魔法!

どんなに辛くても笑顔を絶やさず、一生懸命がんばるフェリスは、思わず応援したくなる存在かもしれません。

 

 

十歳の最強魔導師の6巻の発売日は?

最新の第5巻が2018年11月30日に発売されています。
第6巻が店頭に並ぶのはいつ頃でしょうか。
次の表を参考に予想してみました。

 

巻数 発売日 間隔 目安
第01巻 2017年03月25日
第02巻 2017年05月31日 2ヶ月
第03巻 2017年11月30日 6ヶ月
第04巻 2018年05月31日 6ヶ月
第05巻 2018年11月30日 6ヶ月


(◎=早、○=普、●=遅)

発売の間隔は平均して5ヶ月といったところでしょうか。
第2巻だけやや早めですが、それ以降は安定した間隔で発売されています。
ここから推測すると、第6巻の発売日は2019年の5月31日頃になりそうですね。

 

十歳の最強魔導師の6巻のネタバレは

第5巻では黒雨の魔女の過去が明かされ、あの教団が動き出しました。

そこから続く第6巻は、辺境地帯で紛争中のナヴィラ族とガデル族のお話でしょうか。

 

フェリスがアリシアやジャネットと一緒に中庭でお昼ご飯を食べていると、ボロボロになったミランダ隊長が姿を現します。

そして、魔術師団長の代理として紛争の解決に赴いていたロバートが行方不明になったことを知らされました。

 

その救助をミランダがフェリスに頼むのですが、アリシアは頑なに反対します。

しかし、アリシアの父を助けたいというフェリスの気持ちがアリシアの心に届き、皆で向かうことになりました。

 

まとめ

何事も精一杯がんばるフェリスに魅了される人が作品の内外で続出しています。

基本はほのぼの学園ものですが、切ないお話もしっかりと描かれています。

最近はお疲れ気味で、優しい気持ちに飢えている方におすすめしたい一作です。

スポンサーリンク