食い詰め傭兵の幻想奇譚の最新刊(11巻)の発売日はいつ?内容やネタバレを予想してみた

HJ文庫
スポンサードリンク

 

凄腕傭兵が初心者冒険者になる食い詰め傭兵の幻想奇譚は、現時点で小説が第10巻まで、漫画は第1巻までが好評発売中です。

 

2016年8月から小説家になろうで連載が始まり、投稿は現在も続いています。

 

さて、そんな食い詰め傭兵の幻想奇譚ですが、最新刊の発売日はいつ頃になるのでしょうか。

その内容やネタバレ、そして発売日を予想してみました。

 

尚、その食い詰め傭兵の幻想奇譚の最新刊は、eBookJapanでお得に読む事が出来ます。

スポンサードリンク

食い詰め傭兵の幻想奇譚の10巻のあらすじ

魔王城やエンシェントドラゴンだのと厳しい依頼が続いていたロレンたち。

その疲れから休息を求め、多数の獣人が暮らす国にある食と湯の町カルローヴィへと向かうことになりました。

休養先の相談中に声を掛けてきたクラースの頼みもあって、あちらのパーティと合同です。

そうして、前もって浴衣を買い込み、数日の旅路の末に到着した温泉街でしたが、なんとも活気がありません。

 

これは温泉の泉質が変わったことが原因で、人体に悪影響が出るかもしれない危険性を勘案して使用が禁じられていたからです。

つまり、食と湯を売りにしているこの町にとっては、魅力が半減してしまう大打撃。

この件を気に病んでいる女領主がロレンに調査依頼を出し、その場にはクラースもいたので引き受けることになりました。

 

その後、湖で入浴中に遭遇した人魚姿の精霊から助けを求められ、汚水が流入してくる穴の奥へと進みます。

そこには古代王国の遺跡が鎮座していて、調べていたら黒い剣士のマグナと再会しました。

そのまま一戦を交え、大怪我を負ったマグナが逃走し、遺跡はラピスが破壊してひとまずは一件落着。

 

ただし、最低限の事後処理を終えると共に帰還したので、何の休養にもなっていません。

 

食い詰め傭兵の幻想奇譚の小説の発売日は?

最新の第10巻が2019年8月24日に発売されています。

次の第11巻が店頭に並ぶのはいつ頃でしょうか。

以下の表を参考に予想してみました。

 

食い詰め傭兵の幻想奇譚の小説の最新刊(11巻)の発売日は?

巻数 発売日 間隔 目安
第01巻 2017年03月23日
第02巻 2017年06月22日 3ヶ月 |||
第03巻 2017年09月22日 3ヶ月 |||
第04巻 2017年12月22日 3ヶ月 |||
第05巻 2018年03月22日 3ヶ月 |||
第06巻 2018年06月22日 3ヶ月 |||
第07巻 2018年10月23日 4ヶ月 ||||
第08巻 2019年01月25日 3ヶ月 |||
第09巻 2019年04月23日 3ヶ月 |||
第10巻 2019年08月24日 4ヶ月 ||||

 

発売の間隔は平均してほぼ3ヶ月といったところでしょうか。

たとえ遅れたとしても+1ヶ月という安定したペースで進行されています。

そのあたりを考慮すると、第11巻の発売日は2019年の11~12月頃になりそうですね。

 

食い詰め傭兵の幻想奇譚の漫画の最新刊(2巻)の発売日は?

巻数 発売日 間隔 目安
第01巻 2019年01月26日

 

まだ1冊目のデータしか存在しないため、発売間隔の平均値は求められません。

次巻も同じだけの話数が収録されるのであれば、あと少しでそこに到達するでしょう。

その点を踏まえて予想すると、第2巻の発売日は2019年の12月頃になりそうですね。

 

 

食い詰め傭兵の幻想奇譚の最新刊以降を読む方法

漫画の最新刊を読み終わってしまい、次巻が待ち遠しいと感じたことはありませんか?

実は、まだ単行本に収録されていない話を読めるサイトが存在します。

もちろん、何とか村のように違法なものではありませんよ。

 

食い詰め傭兵の幻想奇譚の最新話はコミックファイアで読める

食い詰め傭兵の幻想奇譚コミックファイアで連載されていますので、こちらでなら収録前の話を読むことが可能なんです。

しかも、最新話を含めて全話無料となっていますし、是非ともチェックしてみてくださいね。

 

食い詰め傭兵の幻想奇譚の最新刊はeBookJapanでお得に読める

どこで買っても同じ物なら、少しでもお得に手に入れたいのが人情ってものでしょう。

eBookJapanだとポイントが溜まるので、普通の店舗で買うよりもお得に入手できますよ。

電子書籍ならスマホがあれば事足りるため、保管場所に困らないのが利点ですね。

 

 

食い詰め傭兵の幻想奇譚のネタバレは

骨が安まらないどころか骨折までした保養地でしたが、邪神の名前が判明しています。

そこで、ロレンは聞き覚えのある人物と接触することを試みました。

見張り役を頼んだらルクセリアが来てしまうという不測の事態はあったものの、無事に冒険者ギルドの女性職員・アイヴィを誘い出すことに成功します。

 

そして、嫉妬の邪神・エンヴィについて問うてみると、アイヴィは同一人物であると言い切りました。

姿形が違っているのは身体を作り替えて精神を移したからで、既に力の大半を失っておりこれといった害はない様子。

もはや気を割く必要がなくなったロレンは、精神移植の方に興味が惹かれました。

これを利用すればシェーナを助けられるかもしれません。

 

こうして次の目標が決まったのですが、行き先となる遺跡の情報と引き替えに、砂漠方面の町で起こっている異変を解決してほしいという条件をアイヴィから出されるのでした。

 

食い詰め傭兵の幻想奇譚のあらすじ

世話になっていた傭兵団が壊滅した。生き残ったロレンは命からがら逃げ出した先の街で生計を立てるため、冒険者になるという道を選択する。だが知り合いもなく、懐具合も寂しいロレンではろくな依頼も受けられそうにない。そんな途方に暮れたロレンに話しかけてきたのは、一つの冒険者パーティで――。これは、初心者冒険者に転職することになった、凄腕の元傭兵の冒険譚である。
※HJノベルスより引用(https://hobbyjapan.co.jp/hjnovels/series/22/

 

なろう作品で異世界ファンタジーものですが、主人公のロレンは転生者ではありません。

いわゆるチート能力もないので、割とハードなストーリーに仕上がっています。

 

傭兵団が壊滅したのち、駆け出しの冒険者となったロレンでしたが、最初に加入した冒険者パーティは非常にお粗末なものでした。

ここでも危機が訪れ、早くも崩壊の憂き目に。

そして、そこに所属していたラピスを救ったことから物語が始まります。

 

ちなみにですが、ロレンは最強というわけではないものの、間違いなく強者なので安心してください。

 

まとめ

本作品の著者は『二度目の人生を異世界で』を書いていたことで知られています。

ある一件が海を越えて大きな騒動を巻き起こし、アニメ化が潰えたことは印象深いでしょう。

こちらの『食い詰め傭兵の幻想奇譚』は打ち切られずに済んでいるようですので、最後まで描ききってほしいですね。

 

尚、その食い詰め傭兵の幻想奇譚の最新刊は、eBookJapanでお得に読む事が出来ますので、まだ入手していない、読んでいないという方は是非ともこの機会に活用してみてください!

<

p style=”text-align: center;”>

スポンサーリンク