蜘蛛ですがなにかの最新巻(12巻)の発売日はいつ?内容やネタバレを予想してみた

KADOKAWA
スポンサードリンク

 

お約束な定番を意図的に外していく「定石外し」で構築されている蜘蛛ですが、なにか?は、現時点で小説が第11巻まで、漫画は第7巻までが好評発売中です。

2018年7月10日にアニメの制作が発表され、同年8月8日にはアニメPVも公開されましたが、放送時期などの詳細情報は依然として不明なままです。

さて、そんな蜘蛛ですが、なにか?ですが、最新刊の発売日はいつ頃になるのでしょうか。

その内容やネタバレ、そして発売日を予想してみました。

ちなみに蜘蛛ですが、なにか?はeBookJapanにて、原作と漫画の両方がお得に読めます。

スポンサードリンク

蜘蛛ですが、なにか?の11巻のあらすじ

初陣で各国のパワーバランスを崩してしまい、結果的に酷い仕打ちを受けるユリウスでしたが、そうなるように唆した教皇ダスティン61世から人身売買組織の話が持ち込まれます。

以前の行為から教皇に対して良い感情を向けられなくても、正義感の強いユリウスがこれを放置できるわけもなく、幼馴染みのハイリンスやエリート聖女のヤーナに加え、息子夫婦と孫を人身売買組織に殺されて復讐に燃えるティーバと共に摘発へと繰り出しました。

こういった流れから始まり、各国の魔物討伐や魔族から請けた魔王暗殺の依頼など、人類の平和のためにすべてを捧げた当時の勇者の半生に迫っていくという内容でしたね。

その合間・合間にそふぃあちゃん日記やSSが挟まれていて、もはやヒロイン候補といえる爺の話などが描かれています。

ただ、白ちゃんの本編が少し触れられたもののこれといった進展はなく、人魔大戦を目前に控えた場繋ぎ感が否めません。

そういえば、ユリウス編のY-nというナンバリングに違和感を覚えました。

今まで主人公に据えられた人物の頭文字が付けられていると思っていたのですが、ユリウスのスペルは“Julius”なので、どうやらこの考察は的外れのようですね。

蜘蛛ですが、なにか?の小説の発売日は?

最新の第11巻が2019年7月10日に発売されています。

次の第12巻が店頭に並ぶのはいつ頃でしょうか。

以下の表を参考に予想してみました。

蜘蛛ですが、なにか?の小説の最新刊(12巻)の発売日は?

巻数 発売日 間隔 目安
第01巻 2015年12月15日
第02巻 2016年03月15日 3ヶ月 |||
第03巻 2016年07月15日 4ヶ月 ||||
第04巻 2016年10月15日 3ヶ月 |||
第05巻 2017年02月10日 4ヶ月 ||||
第06巻 2017年06月10日 4ヶ月 ||||
第07巻 2017年10月10日 4ヶ月 ||||
第08巻 2018年03月10日 5ヶ月 |||||
第09巻 2018年07月10日 4ヶ月 ||||
第10巻 2019年01月10日 6ヶ月 ||||||
第11巻 2019年07月10日 6ヶ月 ||||||

発売の間隔は平均して約4ヶ月強といったところでしょうか。

かなり短いスパンで発刊されていましたが、終盤に差し掛かったと思われる第10巻から遅れが見え始めていました。

この点を踏まえると、第12巻の発売日は2020年の1月頃になりそうですね。

蜘蛛ですが、なにか?の漫画の最新刊(8巻)の発売日は?

巻数 発売日 間隔 目安
第01巻 2016年07月09日
第02巻 2016年12月03日 5ヶ月 |||||
第03巻 2017年06月09日 6ヶ月 ||||||
第04巻 2017年12月29日 7ヶ月 |||||||
第05巻 2018年07月10日 6ヶ月 ||||||
第06巻 2019年01月10日 6ヶ月 ||||||
第07巻 2019年07月10日 6ヶ月 ||||||

発売の間隔は平均して6ヶ月といったところでしょうか。

ほんの僅かな振れ幅しかなく、とても安定したペースで進行していました。

そのあたりを考慮すると、第8巻の発売日は2020年の1月頃になりそうですね。

蜘蛛ですが、なにか?の最新刊以降を読む方法

漫画の最新刊を読み終わってしまい、次巻が待ち遠しいと感じたことはありませんか?

実は、まだ単行本に収録されていない話を読めるサイトが存在します。

もちろん、何とか村のように違法なものではありませんよ。

蜘蛛ですが、なにか?の最新話はヤングエースUPで読める

蜘蛛ですが、なにか?ヤングエースUPで連載されていますので、こちらでなら収録前の話を読むことが可能なんです。

しかも、最新話を含めて全話無料となっていますし、是非ともチェックしてみてくださいね。

蜘蛛ですが、なにか?の最新刊はeBookJapanでお得に読める

どこで買っても同じ物なら、少しでもお得に手に入れたいのが人情ってものでしょう。

eBookJapanだとポイントが溜まるので、普通の店舗で買うよりもお得に入手できますよ。

電子書籍ならスマホがあれば事足りるため、保管場所に困らないのが利点ですね。

蜘蛛ですが、なにか?のネタバレは

次は本編に戻って、人魔大戦が描かれるのではないでしょうか。

前巻では着々と準備を整えていましたし、白ちゃんの目的を達成させるためにはこの流れを避けられません。

MAエネルギー確保のために戦争の拡大、さらに勇者システムの停止を狙っていくはずです。

それと、書籍版はWeb版と内容が異なりますので、1冊丸ごと使って語られたユリウスの処遇にも変化が現れるかもしれませんね。

ただ、彼の末路は既に明かされている点から考えて、少しの違いでしかないでしょう。

蜘蛛ですが、なにか?のあらすじ

女子高生だったはずの「私」は目覚めると……なんと「蜘蛛」に転生していた!

周囲は毒カエルや猿の化け物、果ては龍まで……ってコレもう詰んでいない!?

種族底辺・メンタル最高女子の、迷宮サバイバル開幕!

※カドカワBOOKSより引用(https://promo.kadokawa.co.jp/kumo/)【蜘蛛注意

 

学校で皆が授業を受けている最中に一つの教室で謎の爆発が起こり、ゲームのような異世界にクラスまるごと転生します。

各自の転生先は世界中に散らばっていて、主人公はこの世界で最大規模を誇るダンジョンのエルロー大迷宮で目覚め、スモールレッサータラテクトという蜘蛛になっていました。

スモールレッサータラテクトはタラテクト種の中でも最弱の存在で、開幕早々に弱肉強食の世界へと叩き込まれますが、襲い掛かる魔物には機転を利かせて何とか生き延び、戦闘にも勝利し続けていると、主人公の身体に大きな変化が訪れました。

ポケットモンスターゲットするアレの感覚で、スモールレッサータラテクトから上位種となるスモールタラテクトへと進化したのです。

その後もこういった行動を繰り返し、自身の強化や進化を遂げていき、最終的には神と同格の存在になるのでした。

まとめ

漫画版の評価も上々で、序盤のエルロー大迷宮で奮闘しつつ徐々に成長していく蜘蛛子の姿は、まさにゲームをプレイしているような錯覚に陥ります。

こういった展開が好みな方は楽しめる作品ではないでしょうか。

そして、今巻では何故かユリウスの半生がメインでした。

感想を軽く調べた限りでは不評しか見かけませんし、何か事情でもあったのでしょうか。

良い方向に想像するとしたら、翌年の1月からアニメが始まることで発売日を調整したのかもしれません。

これはあくまで予想であり、ただの妄想ですから、あまり期待はしないでくださいね。

普通に考えれば、作者自身の意向や編集部からの指示なのでしょう。

尚、蜘蛛ですが、なにか?はeBookJapanにて本屋で買うよりもお得に読めますので、この機会に活用してみてください!

スポンサーリンク