クズと天使の二周目生活の最新刊(5巻)の発売日はいつ?内容やネタバレを調べてみた

ガガガ文庫
スポンサードリンク

『クズと天使の二周目生活《セカンドライフ》』は、ガガガ文庫から刊行されている日本のライトノベルです。
著者は天津向さん、イラストはうかみさんが担当されています。
2017年10月17日に第1巻が発刊され、2019年1月18日には最新の第4巻が発売されました。

 

新作ラノベ総選挙2018では第7位にランクインしており、これからの展開に期待が高まる注目作品です。

 

スポンサードリンク

クズと天使の二周目生活のあらすじ

タイムリープで勝ち組人生を目指せ!
――俺の人生は捨て回だ。
雪枝桃也(ゆきえだ・とうや)。三十歳。
仕事はラジオがメインの構成作家。しかし、まったくもって売れておらず、先輩作家や知り合いから振ってもらった仕事で食いつなぐ日々。
かつて同じ番組で仕事をしていた人気声優・神楽屋萌香(かぐらや・もえか)からは忘れられ、家では妹からも冷たくされる桃也だったが、とある飲み会の帰りに工事現場の落下事故に巻き込まれ、鉄骨の下敷きになって命を落としてしまう。
気がつくと何もない空間にいた桃也は、そこで天使のエリィエルと出会い、自らの死が手違いだったことを知る。
「俺は死ぬはずじゃなかったってことなのか?」
「まー、そうなりますね」
「何ヘラヘラしてんだよ! どうしてくれるんだよ!」
「生き返らせます」
「死ぬってのは人間にとって簡単なことじゃ……生き返らせる!?」
救済措置によって過去に戻れることを知った桃也は、渋るエリィエルを丸め込んで10年前に戻してもらうが、過去改変は想像以上の難易度で……。
『芸人ディスティネーション』天津 向×『ガヴリールドロップアウト』うかみのタッグでおくる、勝ち組への再起を懸けた人生やり直しコメディ!!
※ガガガ文庫より引用(https://www.shogakukan.co.jp/books/09451702

 

 

事故で死亡……からの、天使との邂逅。

どうせ異世界転生だろうと思いきや、現世での人生やり直し物語でした。

あの時こうしておけば……というような「たられば」が綴られたノートを手に、「面倒くさい」が口癖の天使と共に桃也は10年前へと戻ります。

 

そこから再出発して少しずつ改変を行うのですが、やはり人生は一筋縄ではいきません。

強い補正力が働いてしまい、桃也の運命を元の状態に戻そうとしてくるのです。

 

しかし、あくまで元の状態なので大きなマイナスとはなりません。

基本的には成功譚なため、爽快感を覚えるようなストーリーに仕上げられています。

 

そして、作者が現役のお笑い芸人ということもあり、軽快なギャグも随所で見られますよ。

 

 

クズと天使の二周目生活の5巻の発売日は?

最新の第4巻が2019年1月18日に発売されています。
第5巻が店頭に並ぶのはいつ頃でしょうか。
次の表を参考に予想してみました。

 

巻数 発売日 間隔 目安
第01巻 2017年10月18日
第02巻 2018年03月20日 5ヶ月
第03巻 2018年08月17日 5ヶ月
第04巻 2019年01月18日 5ヶ月


(◎=早、○=普、●=遅)

発売の間隔は平均してピッタリと5ヶ月でした。
テレビやラジオで忙しそうなのに、とても安定した間隔を維持していますね。

ここから予想すると、第5巻の発売日は2019年の6月頃になるのではないでしょうか。

 

クズと天使の二周目生活の5巻のネタバレは

わかばラジオが最終回へ向かう第4巻でしたね。

生放送の舞台裏はなかなか印象深かったです。

実際にラジオに関わっている人でなければ書けない雰囲気だったのではないでしょうか。

猫浦Pもいい味を出していました。

 

そこから続く第5巻ですが、ラブコメ色が強くなるのではないかと予想します。

既に1周目の世界と比べても大きな変化が訪れていますし、最後には元カノも登場していたので、やはりこの線で行くのではないでしょうか。

 

ただ、恋愛禁止というのがネックになりますが、そろそろ天界の動きも気になるので、この辺も絡めてくるのかもしれませんね。

 

まとめ

本作の作者は漫才コンビ天津の「じゃない方芸人」で有名なこともあり、他の作家と比べて芸能面の業界ネタに強いところがあります。

 

主人公の職業がラジオの構成作家という珍しいものですが、どういった仕事をしているのかわかりやすく書かれていますので、読んでみれば意外と馴染みがあるかもしれません。

スポンサーリンク