余物語(物語シリーズの最新刊)の発売日はいつ?内容やネタバレを予想してみた

ファンタジー
スポンサードリンク

『余物語』は著者が西尾維新さんの青春怪異小説で、イラストをVOFANさんが手がけ、講談社BOXより刊行されています。

「物語シリーズ」として人気が高く、2009年にテレビアニメ化されました。

それをきっかけにドラマCD、ゲーム、劇場版アニメなどにも展開しています。

この物語シリーズはシーズンが5つに分かれています。
『余物語』は、主人公の空白の4年間が描かれたモンスターシーズン「宵物語」の続巻です。

 

 

スポンサードリンク

物語シリーズのあらすじ

 

田舎町で過ごしていた主人公の男子高校生・阿良々木暦(あららぎ こよみ)が瀕死の吸血鬼の女性を助けたことにより、不死身に近い身体になってしまいました。
その暦が、不思議な怪異に憑りつかれてしまった少女たちと出会い、そしてその少女たちを助けていくうちに自分も成長していくという物語です。

 

スポンサードリンク

『余物語』の発売日は?

 

オフシーズン
愚物語 2015年10月5日
業物語 2016年1月13日
撫物語 2016年7月27日
結物語 2017年1月11日

 

モンスターシーズン
忍物語 2017年7月19日
宵物語 2018年6月14日

セカンドシーズンは3か月ごとに刊行されていましたが、結構ばらつきがありますね。

物語シリーズは「趣味で」「突然」書かれる事が多いので気長に待ちましょう。
宵物語刊行から6か月経っても発売の発表が無いという事は11か月待ちの2019年5月15日頃発売になると考えられます。

余物語のネタバレは

前作「宵物語」では、八九寺真宵がメインヒロインでした。
『余物語』は文字の通り、斧乃木余接がメインヒロインになりますね。
サブタイトルが「よつぎボディ」と「よつぎシャドウ」の2つ。
これは、斧乃木余接の誕生秘話が明かされそうな予感です。
忍野メメと貝木泥舟がボディ・影縫余弦が下半身・臥煙伊豆子が頭を担当したと言われていますね。
影縫余弦との関係も明かされるのでしょうか?
そのあたりも深く追求されているととっても面白そうです。

まとめ

伏線回収がとても面白い「物語シリーズ」のモンスターシーズンと言うだけあります。
大学生になった阿良々木君のお人よしさは相変わらずです。
それでも、成長をしていく阿良々木君にも期待です。
そして、死体人形・憑藻神といった不思議な少女の斧乃木ちゃんの誕生秘話。
とても気になります。
伏線回収モノは、難しいお話が多いのですが、この物語シリーズはコメディらしさが入っているのでとても読みやすくなっていますね。
今以上に「人気がでること間違いなし!」の作品です。
発売日が楽しみです!

スポンサーリンク