俺が勇者じゃ救えないの4巻の発売日はいつ?内容やネタバレを調べてみた

HJ文庫
スポンサードリンク

 

『俺が勇者じゃ救えない!?』の原作者はKOKUTOさん、イラストは北熊さんが担当されています。

2017年に「HJ文庫」、「HJノベルス」、「小説家になろう」共同企画による、
第一回HJネット小説大賞受賞作であり、1933もの作品の中から選ばれました。

多くの作品の中から選ばれた事もありこれからがかなり期待できる作品であると思います!

 

スポンサードリンク

俺が勇者じゃ救えない!?のあらすじ

 

主人公は刈谷鳴という男の子。

幼なじみの真那と一緒に自宅で遊んでいた時に、2人は目の前が光で包まれ、、、。

その頃ある世界では「魔王の復活」という異常事態が起こっていました。

各地で被害が出ておりそれをくいとめる為、ある文献を元に儀式を行った事により、世界を救う為に鳴、真那の2人は召喚されたのでした。

真那は魔法の才能が目覚めましたが、鳴は何の能力も目覚めず焦る日々。

ある危機的状況を迎えた瞬間、鳴にも「喰らう瞳」という能力が目覚めます。

喰らったモノの力を自らの力とする能力でした。

2人はこの世界を救うことができるのか、冒険ファンタジーの幕開けです!

 

スポンサードリンク

 

俺が勇者じゃ救えない!?の4巻の発売日は?

 

巻数 発売日
1巻 2018年2月1日
2巻 同年5月1日
3巻 同年12月1日

初刊から3ヵ月後に2巻が発売し、その7ヵ月後に3巻発売となりました。

このペースで考えると4巻は2019年7月1日前後と予想されます。

俺が勇者じゃ救えない!?のネタバレは

3巻では、天上院古里(てんじょういんこさと)という鳴達と同じようにこの世界に召喚されてきた高校生が出てきていました。

鳴よりも全てが強く、召喚される前での元の世界でも成績優秀でスポーツ万能でした。

一方、、鳴たちはなぜか鳴の姉である「ヒツギ」と入ったダンジョンで出会います。

また、この世界で得た能力を使い敵を倒しながら強くなっていました。

この先の4巻では、まだ鳴達と古里は別々に行動していましたが同じく召喚されたものとしてこの世界での関係性がどうなっていくのかが気になるところです。

その他には魔王を倒すところまでどこまで近づけるか、鳴達の力はどこまで強くなっていくのかも4巻ではキーポイントになっていくと思われます。

まとめ

この話を読んでいて特に印象的だったのが、鳴が得た能力でした。

道具や、魔法ではなく体に能力が刻まれるような話はあまり見たことがなかったので
とてもおもしろく感じました。

また召喚されたのが鳴と、真那の2人だけかと思いきや他にもいることがわかりこれからの新たな登場人物にも期待がもてると思えました。

この作品は王道のファンタジー作品のように感じられましたが、まだ3巻までしか発売されていないので、ストーリーの展開次第では内容も深まってかなり読み込める作品になるのではないかと思います。

人気も徐々にのびていくのではないかと期待が持てました!

スポンサーリンク