王国へ続く道の最新刊(7巻)の発売日はいつ?内容やネタバレを予想してみた

HJ文庫
スポンサードリンク

この『王国へ続く道』という作品は、主人公が筋力と動体視力というシンプルな強さを武器に1人の女性を手に入るために戦っていく英雄譚です。

現在、6巻までが発売中で、よくある無双モノのライトノベルファンタジーではなく、ゴリゴリの成り上がりを見せてくれる作品なので、コアなファンから人気を集めています。

王道のハーレム色は結構強めで、作品の中ではもう何人と繋がっているのか数えられないくらい、羨ましいほどエロス満載な作品です。

尚、その『王国へ続く道』の最新刊は、eBookJapanでお得に読む事が出来ます。

 

 

スポンサードリンク

王国へ続く道6巻のあらすじ 

金銭的な困窮も無事解決し、領土内の山の民との和解も済ませて領地の足固めは終わった。

そして、ついにトリエア王国で農民の反乱が勃発する。

エイギル達が反乱農民とトリエア軍の決戦を見守る中、農民達は武器を手に鬨の声をあげ、戦の火蓋は切られた――!!

王国へ続く道の小説の発売日は?

小説6巻までの発売日とそれまでの期間はこのようになっています。

巻数 発売日 期間
1 2015年07月23日
2 2015年12月22日 5ヶ月
3 2016年09月23日 9ヶ月
4 2017年04月22日 7ヶ月
5 2018年11月22日 19ヶ月
6 2019年09月21日 10ヶ月

とてもゆっくりとしたペースで、発売のタイミングもまちまちです。

4巻から5巻に1年以上の開きが出ていますが、一体何があったのでしょうか?気になるところです。

最新刊は1年に1度のお楽しみと考えておいた方がいいかもしれませんね。

王国へ続く道の小説の最新刊(7巻)の発売日は?

最新刊が発売されたばかりなので、のんびり待つことになりそうです。

ただ待っているだけではつまらないので、エイギルの英雄譚や溢れんばかりのエロスに想いを馳せて待つのも楽しいですよ。

出来れば1年以内には発売されて欲しいところですね。

 

 

王国へ続く道の漫画の最新刊の発売日は?

残念ながら、漫画版は発売されていません。

やはり内容が内容なので、画にすると大変なことになってしまいそうです。

王国へ続く道の最新刊以降を読む方法

『王国へ続く道』の最新話は、小説投稿サイトで読むことができます。

王国へ続く道の最新話は「小説家になろう」で読める

「小説家になろう」というサイトにて、『王国へ続く道』の最新話を読むことが出来ます。

また、この作品はそろそろ完結してしまうそうですが、小説版以降の最新話は沢山ストックされていますので是非チェックしてみてください。

王国へ続く道の最新刊はeBookJapanでお得に読める。

『王国へ続く道』は「eBookJapan」というサイトで読むことが出来ます。

無料で読める作品も豊富で、目移りしそうなほど充実したラインナップ!

購入する場合でも、セールやクーポンを利用すればかなりお得に読めちゃいます。

運がよければ、ログインするだけでクーポンが貰えちゃうかも!?

『王国へ続く道』が読みたい!という方は、お手軽でお得な『eBookJapan』で早速ゲットしちゃいましょう。

 

 

尚、eBookJapanについてもっと詳しく知りたい方は、こちらへお進みください。

王国へ続く道(6巻)のネタバレ

領地の足固めを終え一息ついたエイギル達に、アドルフからトリエア王国占領地内での農民反乱が起きていると知らされる。

トリエア王国領有部で厳しい税を課せられた農民達が、ハードレット子爵領へ逃げる為立ち上がったそうだ。

エイギル達は国境付近の丘まで軍行し、トリエア側と農民側、両軍の攻防を見守ることに。

そして、とある農民側の1人が命と引き換えに行った煽動により、事態はゴルドニア対トリエアとの真っ向対決となるのだった。

王国へ続く道のあらすじ

生まれも定かではない、凄惨な環境で育ったエイギルには、戦いの才能があった。

エイギルは奴隷の身分から脱した後、吸血鬼ルーシィと運命な出会いを果たす。

彼女との生活の中で様々な知識を得たエイギルは、冒険者としてその圧倒的な力を見せつけることに-。

そんなエイギルが求めたのは1人の美女。

惚れた美女を手に入れる為、過酷な戦いと試練を超えていく-。

まとめ

主人公がマッチョで脳筋ですが、本当に格好いいし、男!いや漢!いや雄!という感じが溢れていますね。

常識外れボディの女性達との営みもゾクゾクしちゃいます。

これだけでもモテ要素たっぷりなのに、地位までも築き始めた男の英雄譚はどんどん加速していきます!

尚、その『王国へ続く道』の最新刊は、eBookJapanでお得に読む事が出来ますので、まだ入手していない、読んでいないという方は是非ともこの機会に活用してみてください!

 

<

p style=”text-align: center;”>

スポンサーリンク