ロクアカ(ロクでなし魔術講師と禁忌教典)の最新刊(16巻)の発売日はいつ?内容やネタバレを予想してみた

ファンタジー
スポンサードリンク

 

魔術が嫌いなのに魔術の講師になったひねくれ者が織りなすロクでなし魔術講師と禁忌教典《アカシックレコード》は、現時点で小説が第15巻まで、漫画は第10巻までが好評発売中です。

第26回ファンタジア大賞の大賞受賞作品で、投稿時は『ニートなボクが魔術の講師になったワケ』というタイトルでした。

2017年の4月から6月にかけてテレビアニメが放送されており、短編集も刊行されています。

さて、そんなロクでなし魔術講師と禁忌教典ですが、最新刊の発売日はいつ頃になるのでしょうか。

その内容やネタバレ、そして発売日を予想してみました。

尚、そのロクでなし魔術講師と禁忌教典の最新刊は、eBookJapanでお得に読む事が出来ます。

 

スポンサードリンク

ロクでなし魔術講師と禁忌教典の15巻のあらすじ

帝国代表選抜会を終え、遂に迎える魔術祭典。

もちろん、メイン・ウィザードの座は白猫が勝ち取り、グレンも総監督に抜擢されました。

本人は嫌がっているようですが、あれだけの実績があれば当然でしょう。

 

そして、ここに来て新たなヒロイン候補が登場します。

最初から好感度マックスな1年生で、自分で自分をちょろインと言ってしまうマリアは、かなり賑やかな性格をしていました。

 

そんな彼女たちを含む帝国代表は、魔術祭典が開催される自由都市ミラーノへ向かいます。

各国から選び抜かれた精鋭たちが集う地に到着するも、帝国は試合を辞退するようにと脅しを掛けられました。

無論、この程度の脅迫に屈するわけもなく、砂漠の国ハラサとの試合が始まります。

 

しかし、代表者同士の一騎打ち中に無粋な妨害が入り、集中砲火を浴びる白猫。

それを企てる不審者に気付いたグレンが対処に動き、白猫は初戦の勝利を飾りました。

 

その夜、またもや学生たちに魔の手が迫ります。

実行者は脅しをかけてきた天使のルナと、試合中の白猫を狙った吸血鬼の真祖チェイスで、それをグレンやイヴにルミアが打倒します。

 

ところが、この二方にも何やら事情がある様子。

話を聞いてみるとレザリア王国からの刺客で、アルザーノ帝国との間に結ばれた友好関係が原因でした。

その根本には宗教問題があって、新教を異教徒だと忌み嫌っている旧教の枢機卿が現教皇の暗殺を計画しており、天の智慧研究会やジャスティスと手を組んでいます。

そんな枢機卿にルナが弱みを握られていて、グレンたちの帝国に刃を向けたとのこと。

 

今巻の内容は主にこういった展開で、今まで白猫を前に一歩引いていたルミアの心情に変化が訪れています。

 

ロクでなし魔術講師と禁忌教典の小説の発売日は?

最新の第15巻が2019年8月20日に発売されています。

次の第16巻が店頭に並ぶのはいつ頃でしょうか。

以下の表を参考に予想してみました。

 

ロクでなし魔術講師と禁忌教典の小説の最新刊(16巻)の発売日は?

巻数 発売日 間隔 目安
第01巻 2014年07月19日
第02巻 2014年11月20日 4ヶ月 ||||
第03巻 2015年03月20日 4ヶ月 ||||
第04巻 2015年07月18日 4ヶ月 ||||
第05巻 2015年11月20日 4ヶ月 ||||
第06巻 2016年06月18日 7ヶ月 |||||||
第07巻 2016年10月20日 4ヶ月 ||||
第08巻 2017年03月18日 5ヶ月 |||||
第09巻 2017年08月19日 5ヶ月 |||||
第10巻 2017年11月17日 3ヶ月 |||
第11巻 2018年03月20日 4ヶ月 ||||
第12巻 2018年07月20日 4ヶ月 ||||
第13巻 2018年11月20日 4ヶ月 ||||
第14巻 2019年03月20日 4ヶ月 ||||
第15巻 2019年08月20日 5ヶ月 |||||

 

発売の間隔は平均して約4ヶ月強といったところでしょうか。

いくらかの乱れがあるものの、あまり大きな変動はないようです。

そのあたりを考慮すると、第16巻の発売日は2019年の12月頃になりそうですね。

 

ロクでなし魔術講師と禁忌教典の漫画の最新刊(11巻)の発売日は?

巻数 発売日 間隔 目安
第01巻 2015年11月26日
第02巻 2015年12月26日 1ヶ月 |
第03巻 2016年05月26日 5ヶ月 |||||
第04巻 2016年10月26日 5ヶ月 |||||
第05巻 2017年03月25日 5ヶ月 |||||
第06巻 2017年09月26日 6ヶ月 ||||||
第07巻 2018年02月26日 5ヶ月 |||||
第08巻 2018年07月24日 5ヶ月 |||||
第09巻 2018年11月26日 4ヶ月 ||||
第10巻 2019年03月26日 4ヶ月 ||||
第11巻 2019年08月26日 5ヶ月 |||||

 

発売の間隔は平均して4ヶ月半といったところでしょうか。

連続刊行を狙ったと思しき第2巻を除くと、安定したペースを保たれています。

そして、気になる第11巻の発売日はオフィシャルサイトで告知されていて、2019年8月26日予定となっていました。

さらに次の第12巻も予想するなら、原作小説と同じく2019年の12月頃になりそうですね。

 

ロクでなし魔術講師と禁忌教典の最新刊以降を読む方法

漫画の最新刊を読み終わってしまい、次巻が待ち遠しいと感じたことはありませんか?

実は、まだ単行本に収録されていない話を読めるサイトが存在します。

もちろん、何とか村のように違法なものではありませんよ。

 

ロクでなし魔術講師と禁忌教典の最新話はComicWalkerで読める

ロクでなし魔術講師と禁忌教典月刊少年エースで連載されていますが、こちらでなら収録前の話を読むことが可能なんです。

しかも、最新話は無料で閲覧することが可能ですし、是非ともチェックしてみてくださいね。

 

ロクでなし魔術講師と禁忌教典の最新刊はeBookJapanでお得に読める

どこで買っても同じ物なら、少しでもお得に手に入れたいのが人情ってものでしょう。

eBookJapanだとポイントが溜まるので、普通の店舗で買うよりもお得に入手できますよ。

電子書籍ならスマホがあれば事足りるため、保管場所に困らないのが利点ですね。

 

 

ロクでなし魔術講師と禁忌教典のネタバレは

まだ魔術祭典の導入部といったところなので、その続きが描かれていくでしょう。

ただし、表側と裏側の比率が逆転して、王国の闇に巣くう暗部を暴くという度合いが強くなるかもしれません。

本来なら平和の祭典だったのに、何でも政治と結びつけるやつって困りますよね。

今回もジャスティスが関わっていますし、グレンの活躍は約束されたようなものです。

こういった裏側が展開される一方で、表側となる魔術祭典の試合も行われるはず。

むしろ、そちらと絡めてこのエピソードに決着を付けるのではないでしょうか。

それはそれとして、遠慮するのをやめたルミアの恋路も気になります。

いきなり加わったマリアがどうにも怪しく感じてしまいますが、これからのヒロインレースは益々白熱しそうですね。

 

ロクでなし魔術講師と禁忌教典のあらすじ

アルザーノ帝国魔術学院
非常勤講師・グレン=レーダスは、自習→居眠りの常習犯。
まともに教壇に立ったと思いきや、黒板に教科書を釘で打ち付けたりと、生徒もあきれるロクでなし。
そんなグレンに本気でキレた生徒、“教師泣かせ”のシスティーナ=フィーベルから決闘を申し込まれるも――
結果は大差でグレンが敗北という残念な幕切れで……。
しかし、学院を襲う未曾有のテロ事件に生徒たちが巻き込まれた時、
「俺の生徒に手ぇ出してんじゃねえよ」
グレンの本領が発揮される!
第26回ファンタジア大賞<大賞>受賞の新世代学園アクションファンタジー!
※富士見ファンタジア文庫より引用(https://fantasiabunko.jp/sp/201411rokudenashi/

 

帝国宮廷魔導師団特務分室に務めていたものの、ある一件から極度の魔術嫌いなグレン。

退職後は育ての親であるセリカに寄生して1年ほどひきこもるも、さすがに業を煮やした彼女に脅されて魔術学院で非常勤講師として働くことになりました。

しかし、すぐにでも仕事を辞めたいグレンはまともな授業を行いません。

基本的に自習をさせて自分は居眠り。もしくは黒板に教科書を釘で打ち付けるだけ……。

そんな日々を繰り返していましたが、この行為に異を唱えた女生徒達と関わるようになり、そして彼女らの夢を聞いたグレンは、とても真摯な授業を行うようになりました。

すると、最悪だった評判が一変して人気講師になりはしたものの、政府と敵対する魔術結社に学院を襲われてしまい、グレンは戦いに巻き込まれていきます。

 

まとめ

前巻では相棒枠だった白猫がメインヒロインに返り咲き、強敵揃いとなったこのレース。

そんな時に新たな候補が表れましたが、この先いったいどんな展開になるのやら。

そろそろ終盤に差し掛かったのではないかと思われるのに、ロクアカの勢いは留まるところを知らないようで新刊が待ち遠しい限りですね。

 

尚、そのロクでなし魔術講師と禁忌教典の最新刊は、eBookJapanでお得に読む事が出来ますので、まだ入手していない、読んでいないという方は是非ともこの機会に活用してみてください!

 

 

スポンサーリンク