三角の距離は限りないゼロの最新刊(3巻)はいつ?内容やネタバレを予想してみた

ライトノベル
スポンサードリンク

『三角の距離は限りないゼロ』とは、岬鷺宮先生によるライトノベルで、『このライトノベルがすごい!2019』の文庫部門新作3位、総合8位に選ばれた作品で、イラストはHiten先生です。

 

電撃文庫から現在2巻迄発売され、重版もかかっている人気作品です。

 

スポンサードリンク

三角の距離は限りないゼロのあらすじ

 

本当の自分を隠し、相手に合わせて演じ分けている主人公の矢野四季。

そんな彼が不意打ちで素の姿を見せてしまい、恋に落ちた女の子・水瀬『秋玻』は、実はもう一人の人格・『春珂』と身体を共有する二重人格の持ち主で、お互いに秘密の姿をさらけ出しあうことになる。

2人なのに三角関係になる不思議な話。

秋玻とは恋人関係に、春珂とは親友になる。

 

 

三角の距離は限りないゼロの発売日は?

 

巻数 発売日
1巻 2018年5月10日
2巻 2018年11月10日

 

まだ2巻迄しか発売されておらず、発売のタイミングが不明ですが、今までの岬鷺宮先生の執筆速度としては3ヶ月毎に発売されていましたので、今回の6カ月は長い方だと思います。

 

このライトノベルがすごい!を受賞した事で少し発売が早くなり、次巻は3月頃ではないかと思います。

 

三角の距離は限りないゼロのネタバレは?

2巻では1巻で友人の立ち位置だった須藤伊津佳と広尾修司の恋愛模様が描かれました。

須藤伊津佳に告白したのが広尾修司で、二人の仲を取り持つために矢野四季は奔走します。

そして『春珂』も本音を伝えることで本当に三角関係になり、須藤伊津佳と広尾修司の件も決着せずに2巻は終わってしまいました。

ここでタイトル通りの三角になったのではないでしょうか?

 

まとめ

三角の距離は限りないゼロには、岬鷺宮先生の今までの作品の登場人物も出てきます。

この作品が面白いと思った方は、是非とも今までの作品も読んで頂ければもっとこの作品が楽しんでもらえるのではないかと思います。

3巻が発売される前に今までの岬鷺宮先生の作品を読んでみて下さい。

スポンサーリンク