神域のカンピオーネスの最新刊(5巻)の発売日はいつ?内容やネタバレを調べてみた

ダッシュエックス文庫
スポンサードリンク

『神域のカンピオーネス』は、ダッシュエックス文庫から刊行されている日本のライトノベルです。
著者は丈月城さん、イラストはBUNBUNさんが担当されています。
2017年12月27日に第1巻が発刊され、2018年12月21日には最新の第4巻が発売されました。

この作品は前作の『カンピオーネ!』とは異なる並行世界を舞台にしていて、神話の世界を旅しながらその筋書きの改編を試みるというものとなっています。

2018年8月にはオーディオドラマ化が発表され、これからの動向が気になる注目作品です。

 

スポンサードリンク

神域のカンピオーネスのあらすじ

少年は、神をも殺す獣となる――!!

丈月城が紡ぐ新たなる神殺しのファンタジー、開幕!!

日本最高峰の陰陽師にして神の生まれ変わりを名乗る美少女・鳥羽梨於奈は怒っていた。新たに彼女の「ご主人さま」となった少年六波羅蓮があまりに無能ゆえに。神話の世界と繋がり、災厄をもたらす異空間『サンクチュアリ』。蓮と梨於奈に課せられたミッションは、神話の筋書きを変え、異世界への門を閉じることだった。だが、蓮は魔術界で最も権威ある結社《カンピオーネス》に所属しながら、何の力も使えない”素人”だった……!? 「必ず神話の筋書きを変えろ。必要なら――神さえも殺せ」神々の王ゼウス、女神アテナ、英雄アキレウス……神々と英雄が入り乱れる世界で、神域への挑戦が今はじまる!
※ダッシュエックス文庫より引用(http://dash.shueisha.co.jp/bookDetail/index/978-4-08-631222-6

 

神話の世界というよりも、異世界に繋がったと表現したほうがわかりやすいです。

そこからやってくる災厄に対抗することになったのが、主人公の六波羅蓮。

 

神話を改編して世界の崩壊を防ぐ神殺しとなり、相棒の女神ステラと共に戦います。

そして、八咫烏の生まれ変わりの鳥羽梨於奈や、異世界人で悲劇の予言者であるカサンドラなど、頼もしい仲間が増えていきます。

 

その一方で、人間社会の発展をよしとしないアテナなどの神々が地球人類を滅亡させる計画を目論んでいました。

さらに別の世界からも新たな神殺しが来訪しはじめて、蓮たちは地球人類の滅亡を回避するべく激戦に身を投じていきます。

 

 

神域のカンピオーネスの5巻の発売日は?

最新の第4巻が2018年12月21日に発売されています。
第5巻が店頭に並ぶのはいつ頃でしょうか。
次の表を参考に予想してみました。

 

巻数 発売日 間隔 目安
第01巻 2017年12月22日
第02巻 2018年03月23日 3ヶ月
第03巻 2018年08月24日 5ヶ月
第04巻 2018年12月21日 4ヶ月

 

(◎=早、○=普、●=遅)

発売の間隔を平均したらピッタリ4ヶ月ですね。
まだ冊数が少ないので何ともいえませんが、現状ではなかなか安定されています。
ここから予想すると、第5巻の発売日は2019年の4月20日頃ではないでしょうか。

 

神域のカンピオーネスの5巻のネタバレは

第1巻のギリシア神話、第2巻で北欧神話、第3巻が日本神話ときて、第4巻ではまたギリシア神話に戻りましたね。

世界各地の神話を順に廻るのではなくて、何らかの決まりがあるのでしょうか。

 

さすがに作者でなければ判然としませんが、エジプトやインドという有名どころがまだ控えている状態です。

他にもアステカやマヤ、メソポタミア、シュメール、ヒッタイトにゾロアスター。

ローマ、ケルト、スラヴもありますし、インカとポリネシアも外せません。

毛色が違いますがクトゥルフも残っているので、楽しみはまだまだ尽きませんね。

 

そして、前巻の後書きでは、次巻はいよいよ佳境とのことです。

蓮以外の神殺しも交えて、世界を跨いだ神話大戦が勃発するのかもしれません。

 

まとめ

基本的な設定は前作の『カンピオーネ!』とほぼ同じです。

続編的なスピンオフという位置づけが最も適した表現かもしれません。

登場人物もどこか覚えのあるような性格をしているので、前作を気に入った方なら引き続き楽しめるのではないでしょうか。

スポンサーリンク