たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語の最新刊(8巻)の発売日はいつ?内容やネタバレを調べてみた

GA文庫
スポンサードリンク

 

最強の村で生まれ育った主人公の無自覚なギャップが光るたとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語は、現時点で小説が第7巻まで、漫画は第3巻までが好評発売中です。

第8回GA文庫大賞では優秀賞を受賞し、『たとえば』や『ラスダン』などの略称で親しまれています。

さて、そんなたとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語ですが、最新刊の発売日はいつ頃になるのでしょうか。

その内容やネタバレ、そして発売日を予想してみました。

なお、そのたとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語の漫画の最新刊は、eBookJapanでお得な価格で読む事が出来ます。

スポンサードリンク

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語の7巻のあらすじ

修行の聖地アスコルビン自治領へ向かったロイドたち。

ここは戦士なら誰もが憧れる場所で、剣神のアンズ・キョウニンが領主を務めています。

だいたい中盤あたりに出てくる国らしいですね。

そこへ皆で修行にやってきたのですが、自分の強さに自覚のないロイドは山を割るなど派手にぶっ壊してしまいます。

これには講師役のアンズも呆然とし、さらに鍛えてくれというロイドに頭を抱える始末。

もはや、アンズよりもロイドの方が強いことは言うまでもありません。

こんな状態だとロイドは強くなりたいという目的を果たせないのですが、人類の弱さに嘆く夜の魔王サタンが登場したことで状況が変わります。

そして、相手のいなかったロイドには、サタンがマンツーマンで稽古を付けました。

それとは別に、近頃は拳にキレのないフィロも修行に取り組みます。

拳の一族の族長であり、無敵の筋肉を誇るタイガー・ネキサムがフィロの拳には迷いがあると見抜き、こちらにも光明が差しました。

そんなこんなで、神獣が宿る霊山で大幅にパワーアップする強化合宿編でしたね。

ちなみに、セレンは花嫁修業と勘違いしていたようです。

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語の小説の発売日は?

最新の第7巻が2019年7月12日に発売されています。

次の第8巻が店頭に並ぶのはいつ頃でしょうか。

以下の表を参考に予想してみました。

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語の小説の最新刊(8巻)の発売日は?

巻数 発売日 間隔 目安
第01巻 2017年02月15日
第02巻 2017年06月15日 4ヶ月 ||||
第03巻 2017年09月15日 3ヶ月 |||
第04巻 2018年02月15日 5ヶ月 |||||
第05巻 2018年07月14日 5ヶ月 |||||
第06巻 2019年01月15日 6ヶ月 ||||||
第07巻 2019年07月12日 6ヶ月 ||||||

発売の間隔は平均して約5ヶ月弱といったところでしょうか。

あまり大きな変動はありませんが、ゆるやかにペースが落ちてきているようです。

そのあたりを考慮すると、第8巻の発売日は2020年の1~2月頃になりそうですね。

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語の漫画の最新刊(4巻)の発売日は?

巻数 発売日 間隔 目安
第01巻 2018年02月13日
第02巻 2018年07月12日 5ヶ月 |||||
第03巻 2019年02月22日 7ヶ月 |||||||

発売の間隔は平均して6ヶ月といったところでしょうか。

収録されるであろう話数から逆算すれば、そろそろ発刊されてもおかしくありません。

この点を踏まえると、第4巻の発売日は2019年の7~8月頃になりそうですね。

 

 

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語の最新刊以降を読む方法

漫画の最新刊を読み終わってしまい、次巻が待ち遠しいと感じたことはありませんか?

実は、まだ単行本に収録されていない話を読めるサイトが存在します。

もちろん、何とか村のように違法なものではありませんよ。

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語の最新話はガンガンONLINEで読める

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語ガンガンONLINEで連載されていますので、こちらでなら収録前の話を読むことが可能なんです。

しかも、最新話は無料で閲覧することが可能ですし、是非ともチェックしてみてくださいね。

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語の最新刊はeBookJapanでお得に読める

どこで買っても同じ物なら、少しでもお得に手に入れたいのが人情ってものでしょう。

eBookJapanだとポイントが溜まるので、普通の店舗で買うよりもお得に入手できますよ。

電子書籍ならスマホがあれば事足りるため、保管場所に困らないのが利点ですね。

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語のネタバレは

今作品で初となる続きもののようですね。

最後の方でちょろっと触れられていましたが、今後は世界の秘密へと迫っていき、それを解き明かしていくことになりそうです。

もう中盤の国に来ましたので、そろそろ終盤を見据えた展開ということでしょうか。

その方向についても、異世界ファンタジーではお約束の内容なので不思議はありません。

ただ、どうしてもシリアス成分が多くなってしまうでしょうし、ラスダンらしい勘違いギャグが失われやしないかという不安があります。

このあたりをバランス良く調理してくれることに期待したいですね。

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語のあらすじ

「僕、都会に行ってみたいんです!」

村人誰もが反対するなか、

軍人になる夢を捨てきれず王都へと

旅立った少年ロイド。

しかし村で一番弱い男と言われる彼を含め、

村人は誰一人として知らなかったのだ。

自分たちの村が、高レベル冒険者でも恐れる

「ラストダンジョン手前の人外魔境」

なんて呼ばれている真実を。

そこで育ったロイドは……

身体能力ばつぐん、

古代魔法も完備、

おまけに家事のスキルもパーフェクト!!

「な、何者なんだ、あいつは……!」

「ロイド君、本気出しちゃだめよ?」

これは、無自覚に無敵を体現する少年が

『本当の強さ』

に目覚めゆく勇気と出会いの物語――。

※GA文庫より引用(https://ga.sbcr.jp/sp/lastdungeon/story.html

RPGでいうところの最終盤に訪れるような村で生まれ育ったロイド少年。

何をやっても人一倍の時間がかかってしまい、村では最弱の人物と心配されていました。

そんなロイドが物語の軍人に憧れて始まりの町へ行き、そこの士官学校に入学します。

当然ながら周囲との力量差は歴然としているのですが、村では出来ない子扱いだったことも重なって本人はまったくの無自覚。

そのため、自分の強さに気付けないまま数々の騒動に巻き込まれていくのでした。

まとめ

原作小説・コミックスともに売れ行きは好調で、アニメ化候補ではないかと目されています。

現在の売り上げ具合を見れば本当に実現可能な範疇かもしれませんね。

DQ6でライフコッドの村が魔物の襲撃イベントに遭い、ずしおうまるを相手にクワこうげき!カマこうげき!!で奮闘していた村人に思いを馳せたことのある方にはオススメできる作品ではないでしょうか。

なお、そのたとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語の漫画の最新刊は、eBookJapanでお得な価格で読む事が出来ますので、この機会に活用してみてください。

スポンサーリンク