天才王子の赤字国家再生術の最新刊(6巻)の発売日はいつ?内容やネタバレを調べてみた

GA文庫
スポンサードリンク

「天才王子の赤字国家再生術〜そうだ、売国しよう〜」の小説は5巻まで出ています。

GA文庫より刊行されている大人気作品で、ライトノベルのガイドブック「このライトノベルがすごい!」の2019年度版では、新作部門ランキングにおいて4位を受賞してします。

今注目が集まる「天才王子の赤字国家再生術〜そうだ、売国しよう〜」の内容やネタバレ、最新刊の発売日予想などをまとめてみました。

尚、その『天才王子の赤字国家再生術』の最新刊は、eBookJapanでお得に読む事が出来ます。

 

 

スポンサードリンク

天才王子の赤字国家再生術〜そうだ、売国しよう〜の小説5巻のあらすじ。

ミールタースでの騒動を機に、知名度を上げたナトラ王国は、空前の好景気を迎えていました。

追い風に上機嫌なウェインにとって気がかりなのは、西側への玄関口として成長著しいマーデン領の存在です。

そこで国内のパワーバランスを調整するため、ウェインはグリュエール王が治めるソルジェスト王国と手を結び、国全体を底上げすることを画策します。

しかし相手も曲者で、隣国をけしかけて、ウェインたちを罠にはめようとします。

巨漢で豪快なグリュエール王という魅力的なキャラクター登場で、盛り上がる5巻。

強敵を前に、天才王子の腹黒さも垣間見える、熱い戦いを楽しめる一冊でした。

天才王子の赤字国家再生術〜そうだ、売国しよう〜の小説の発売日は?

巻数 発売日 間隔
第01巻 2018年05月12日
第02巻 2018年09月14日 4ヶ月
第03巻 2019年01月12日 4ヶ月
第04巻 2019年06月14日 5ヶ月
第05巻 2019年10月12日 4ヶ月

天才王子の赤字国家再生術〜そうだ、売国しよう〜の小説の最新刊(6巻)の発売日は?

大体4ヶ月くらいの間隔で発売されています。

このペースでいくと、第6巻は2020年の2月頃が予想されます。

 

 

天才王子の赤字国家再生術〜そうだ、売国しよう〜の漫画の最新刊(1巻)の発売日は?

今のところ、漫画化はされていません。

人気作品ですので、今後漫画化されることに期待したいですね。

天才王子の赤字国家再生術〜そうだ、売国しよう〜の最新刊以降を読む方法

残念ながら、雑誌連載等はされていないので、単行本の発売を待つしかなさそうです。

そんな「天才王子の赤字国家再生術〜そうだ、売国しよう〜」をちょっとお得に読む方法をお教えします。

天才王子の赤字国家再生術〜そうだ、売国しよう〜はGA文庫公式サイトで試し読みできる

「天才王子の赤字国家再生術〜そうだ、売国しよう〜」は、GA文庫公式サイトにて、試し読みキャンペーンを開催中。

文庫換算で150Pを超える大ボリューム特別試読版を、無料で読むことができます。

天才王子の赤字国家再生術〜そうだ、売国しよう〜の最新刊はeBookJapanでお得に読める。

電子書籍ストアeBookJapan(イーブックジャパン)で、「天才王子の赤字国家再生術〜そうだ、売国しよう〜」を購入すると金額の1%のポイントが貰えます。

貯まったポイントは1ポイント=1円相当として利用することができます。

「天才王子の赤字国家再生術〜そうだ、売国しよう〜」以外にも、様々な書籍が揃っており、「無料で全ページ立読」や「割引SALE」などお得に購入することもできます。

 

 

天才王子の赤字国家再生術〜そうだ、売国しよう〜のネタバレは

強敵・グリュエール王すらも味方につけ、ますます国家繁栄していくナトラ王国。

うまく事が運んだ分、今後さらなる強敵の出現・国家同士の争いもありそうです。

もはや天才王子ウェインに売国する気はあるのかないのか…。

戦況もひとまず落ち着き、次巻は日常回になるそうなので、ニニムを筆頭とするヒロインたちに癒されたいですね。

天才王子の赤字国家再生術〜そうだ、売国しよう〜のあらすじ

ナトラ王国は、資源も人材も兵力もない弱小国家。

王子ウェインは、弱冠16歳にして父王の急病により、急遽国政を任されることになりました。

文武に秀で、臣下や国民からも敬愛され、次代の名君として期待されるウェイン。

実は大の怠け者で、聡明であるがゆえに自国の状況をよく理解しており、あわよくば他国に国を売り払い、悠々自適の隠居生活を企てる売国奴だったのです。

しかし、ウェインが国を売ろうとして仕掛けた策謀はすべて思いがけない方に転び、名声は上がるが売国は遠のき、臣民はイケイケ状態で退くに退けない状況に。

幼馴染の美少女補佐官・ニニムとともに、天才王子による予想外だらけの弱小国家運営譚が開幕します。

まとめ

実力はあるけどやる気がない天才王子が、売国しようと画策しますが、すべて裏目にでる国家運営物語です。

タイトルのインパクトが強いですが、主人公は悪人ではなく、ただ楽をしたいだけの残念王子。

しかし、持ち前の優秀さでキッチリ政治をしてますし、幼馴染のニニムを侮辱した相手は許さない熱さも持っているので、民や他国から信頼されるのも納得です。

国家運営・戦記物ですが、その設定の意外性とライトノベルならではのテンポのよさで、コミカルで読みやすい作品となっています。

今後注目が高まりそうな「天才王子の赤字国家再生術〜そうだ、売国しよう〜」。

ぜひ、チェックしてみてはいかがでしょうか。

尚、その『天才王子の赤字国家再生術』の最新刊は、eBookJapanでお得に読む事が出来ますので、まだ入手していない、読んでいないという方は是非ともこの機会に活用してみてください!

 

 

スポンサーリンク