賭博師は祈らないの最新刊(5巻)の発売日はいつ?内容やネタバレを調べてみた

ギャンブル
スポンサードリンク

『賭博師は祈らない』は、著者「周藤蓮」、イラスト「ニリツ」によるライトノベルで、2017年3月から電撃文庫より刊行されており、既刊4巻からなる作品です。

 

2017年8月から、「RPGアツマール」にて無料ゲーム版を配信しており、現在もプレイすることができます。

 

また、第23回(2016年)電撃小説大賞の金賞を受賞しており、2018年には「ComicWalker」にて漫画化されている作品となります。

スポンサードリンク

賭博師は祈らないのあらすじ

 

賭け事が盛んである、18世紀末のイギリス、ロンドン。

 

亡き養父の3つの教えを守り、少額の勝ちで堅実な賭博師生活を送る青年「ラザルス・カインド」は、誤って大勝してしまい、その勝ち分で仕方なく奴隷を購入する。

 

翌朝、奴隷商より連れて来られたのは、異国から連れてこられた褐色の美少女「リーラ」であった。

 

賭博師は祈らないの5巻の発売日は?

 

1巻 2017年3月10日
2巻 2017年8月10日
3巻 2018年1月10日
4巻 2018年6月9日

電撃文庫の公式サイトにて、5巻が2019年1月10日に発売されるとの発表がされておりますので、何事もなければ、該当日時に書店にて並ぶことが予測されます(離島など一部地域を除く)。

 

また、作者の周藤蓮によるコメントにて、5巻で完結するとの予告がされておりますので、おそらく5巻で完結するかと思われます。

賭博師は祈らないのネタバレは

ロンドンの裏社会を牛耳る「ジョナサン」と対立したことで、一度はすべてを失ったラザルス。

賭博師としての矜持を奪われ、地の底を這いつくばったその先で、彼は自らが進むべき新たな境地へと辿り着きます。

 

再起したラザルスは元恋人「フランセス」にも勝利し、ジョナサンとの全面対決を掲げます。

 

一方、ラザルスの無事に安堵したリーラでしたが、彼女は故郷へ帰る為の乗船券を渡されたことに戸惑い、自分が主人に対して抱いていた想いに気付かされます。

 

二人の物語に訪れる結末は、果たしてどうなるのでしょうか。

アニメ化はいつになりそうか

5巻まで刊行されることは確定しているので、1クール程度のアニメであれば、制作することができるのではないかと推測されます。

 

最近の作風としては珍しく、いい意味でラノベなのにラノベらしくない作品となっており、賭博師の世界というのもあまり見かけないので、現在のアニメ界隈に楔を打ち込むのに、うってつけの作品ではないでしょうか。

 

萌え要素も薄く、時代背景もしっかりしているので、年齢層が若干上の人が観るアニメになるかと思われます。

まとめ

今回はラザルスのかつての恋人であり、賭博師でもあるフランセスとの勝負に完敗し、ラザルスが立ち直るまでのお話です。

そのためか、主にラザルスとフランセスがとても魅力的に描かれる巻となりました。

 

メインヒロインのリーラの出番が少なめとはなりますが、フランセスがとてもカッコいいので、思わずメインヒロインはフランセスだったのではないか、と勘違いしてしまうほどです。

 

次巻で完結する、とのことですが、まだまだラザルスの活躍や、リーラの可愛い姿を見ていたいですね。

スポンサーリンク