小池一夫の家人や妻の学歴とは?子供はいたの?認知症とアルツハイマーは本当なのか

作家
スポンサードリンク

極めて突然すぎるお話ですが、漫画作家であり小説家でもあった小池一夫先生が肺炎のため82歳で亡くなられたというニュースが入ってきました。

先日ルパン三世の原作者で有名であったモンキーパンチ先生が亡くなられたばかりであると言うのに、モンキーパンチ先生と近しい人であった小池先生までもが亡くなられたという事ですから、漫画界に非常に大きな衝撃が走ったと言えます。

そんな中、小池先生の家人や妻の学歴、そもそも小池先生が認知症やアルツハイマーであったなどという話も存在しており、それらが気になっているという方もいらっしゃるでしょう。今回は、それらを見て行ってみましょう。

スポンサードリンク

小池一夫、逝去。

 

名前 小池一夫
本名 俵谷 星舟(たわらや せいしゅう)
生誕 1936年5月8日 秋田県大仙市
死没 2019年4月17日(82歳没)
国籍 日本
職業 漫画原作者、小説家、脚本家、
作詞家、アーセナルファン
活動期間 1960年代 – 2019年
ジャンル 漫画・劇画の原作・構成
代表作 『子連れ狼』(画:小島剛夕) 他多数

wikipediaより引用

漫画家である小池先生の代表作は子連れ狼ですが、その他にもかの有名なゴルゴ13の初期の原作を手掛けていたりなど、幅広い活動をしている事で有名な先生でした。ゴルゴ13までもが小池先生の一応の作品なのですから、驚きですよね。

そんな小池先生ですけれども、2019年4月17日、肺炎のために亡くなったという話が、2019年4月19日に発表される事となり、衝撃が走りました。

漫画原作者の小池一夫さんが、肺炎のため死去したことがわかった。82歳。秋田県大仙市出身。小池さんのツイッターで19日、発表された。

「かねてより入院療養中であった小池一夫は肺炎により4月17日永眠いたしました。生前は多くの方々に小池一夫と小池一夫作品を愛していただき、心より感謝申し上げます。なお故人の遺志により葬儀は親族のみで執り行いました。皆様には大変お世話になり、ありがとうございました」としている。

小池さんは漫画「子連れ狼」(作画:小島剛夕)や、「オークション・ハウス」(作画:叶精作)、「クライングフリーマン」(作画:池上遼一)などの原作で知られる。17日にはモンキー・パンチさんの死去を受け、ツイッターで「モンキーパンチさんとは40年前、漫画アクションの初期に『ルパン三世』と『子連れ狼』で人気争いをしたライバルでもあった。一緒に組んで『書記官鳥(セクレタリーバード)』という漫画も作ったなあ。淋しくなるなあ」と追悼していた。

http://news.livedoor.com/article/detail/16340148/より引用

小池先生は以前より入院療養中ではありましたが、ツイッターの更新は怠らず、活動報告や自分の意見の表明などをよくやっておられました。

82歳になっても尚ツイッターを使い込んでいたりしたのですから、感性やセンスなどは若々しい方だったと言えるでしょう。

そんな小池先生はモンキーパンチ先生が亡くなった際にもツイッターでモンキーパンチ先生への追悼を行ってもおられたのですが、その日のうちに小池先生までもが亡くなってしまったという事のようです。

モンキーパンチ先生と小池先生は互いに競い合ったライバルですが、競い合ううちに育まれた友情が彼らにあった事は想像するに容易いです。

もしかしたら、モンキーパンチ先生が小池先生の事を迎えに来て、小池先生はモンキーパンチ先生に導かれて、天へと旅立っていかれたのかもしれません。

 

 

妻の学歴とは?

そんな小池先生について調べると、何かと妻、妻の学歴などのキーワードが引っかかってきます。

実際小池先生のツイッターをのぞいてみますと、家人という女性の事がよく出てきます。

その家人と呼ぶ女性と小池先生は仲が良いようで、先日もこんなツイッターが。

この写真の女性こそが、家人。

彼女の指には指輪がありますから、この人こそが小池先生の奥さんであると考えていいでしょう。が、写真の女性は明らかに小池先生よりも若く、娘もしくは孫くらいにまで見えます。

その事から、小池先生は他の女性と一度結婚したものの、離婚し、現在の家人と呼ぶ女性と再婚なさったと考えて良さそうです。小池先生を調べるとやたら再婚と彼の単語が出てくるのは、このためのようですね。

しかし、家人家人と呼ぶ割には、この家人さんの詳細情報を小池先生が出す事は無く、家人さんの情報はネット中どこを調べても見当たりません。まぁ、家人さん自身は一般人の方のようですので、詳細な情報等が出て来なくて当然でしょう。

が、家人さんはかなり美人だという事がわかりますから、もしかしたら中々の高学歴の持ち主なのかもしれませんな。

 

子供は居たのか?

尚、上記の家人さんの話はあるものの、小池先生のツイッターなどを見てみても、小池先生のお子さんのお話などは一切合切出てくる気配がありません。

小池先生くらいの御歳の方ならば、息子娘は勿論のこと、孫、曾孫くらいがいてもおかしくはないのですが、最期まで小池先生がその話をする事はありませんでした。

その事から、小池先生にはお子さんはいらっしゃらなかったと考えられます。

まぁ単純に公開しないだけで、存在自体はしている、おまけに孫もいるという事が真実であっても不思議ではないのですが。

認知症だったって?

そして小池先生ですが、どうにも小池先生は肺炎以外にも病気を患っていたという話が付き纏っています。

その話はこれです。

これによりますと、小池先生は認知症、アルツハイマーを患ってしまっていたらしく、あちらこちらが覚束ない、危なっかしい部分があったようです。ツイッターを見ても小池先生がそんなふうに思えるようなツイートはあまり見受けられないのですけれども、この時点で小池先生には危険が迫っていたのかもしれません。

しかし認知症の症状にも個人差がありますから、もしかしたら小池先生は認知症でも、そんなに影響を受けてなかったのかもしれません。

もしそうなのであれば、最後まで自分自身で居られて、幸せだったと言えるのかもしれませんね。

まとめ

モンキーパンチ先生に引き続き、小池先生まで亡くなられ、漫画界には大きな悲しみが広がっていると言えましょう。

しかし、彼らはライバルであり、友人同士だったのですから、小池先生とモンキーパンチ先生は最後、仲良く天へと旅立っていったのではないか。そんなふうに考える事も出来そうです。

 

スポンサーリンク