佐島勤(魔法科高校の劣等生の作者)の本名や経歴は?大学はどこ?結婚も調べてみた

ライトノベル作家
スポンサードリンク

近年、ライトノベルは幅広い世代に親しまれていますが、この「ライトノベル」という名称が宛がわれるまでは「ヤングアダルト」や「ジュブナイル」と呼ばれていました。

 

となれば、古くからライトノベルに分類される作品が存在していたことは自明の理。

当時としては特に珍しくもなく、過激ともいえない設定だとしても、現代のライトノベルでは危険を冒すような描写に変化していることもあります。

 

そういった時代から数々の作品を嗜んでおり、社会人を経てから自身も作家の一人となった佐島勤さんは、『魔法科高校の劣等生』の著者です。

 

スポンサードリンク

佐島勤のプロフィール

ペンネーム 佐島 勤(さとう つとむ)
本名 非公開
性別 男性
生年月日 19XX年(月日非公開)
年齢 非公開
星座 非公開
出身地 日本の片田舎
血液型 非公開
最終学歴 非公開
職業 小説家(兼業作家)
活動期間 2011年7月10日~
SNS 不明

 

子供の頃は宇宙ロケットの開発者か、宇宙開発プロジェクトの投資家になることが将来の夢だったそうで、当時からスペースオペラを読み倒し、就職までの青年期はファンタジー作品と伝奇小説に傾倒していたようです。

そして、子供の頃から頭の中で架空の世界を組み立てることが得意だったらしく、Web小説を読むようになったことが切っ掛けで小説を書き始めました。

 

その初めて書いた小説が『魔法科高校の劣等生』で、2008年10月12日から小説家になろうで連載が始まり、電撃文庫の有名編集者・三木一馬さんの目に留まったことで商業デビューを果たしました。

 

また、2009年に行われた第16回電撃小説大賞には別名義で「スペースコロニー美少女巨大ロボットもの」を書いて応募していたようです。
この作品は残念ながら落選しましたが、のちに『ドウルマスターズ』として再構成され、出版に至っています。

ところで、佐島勤さんの年齢は40代~60代ではないかと各所で囁かれていますが、この件についての明確なソースは何も見つかりませんでした。


ただ、ジュブナイルSF研究家の三村美衣さんによる取材では、「古典SFやソノラマ文庫のSFジュブナイルからの影響が強い」と語っていたそうで、佐島勤さんご自身のオフィシャルサイトや文庫カバーでも遅れてきたジュブナイル作家と称されていますので、それなりの年齢であることは間違いないでしょう。

 

 

佐島勤の大学はどこ?

大学には通われていたようですが、どこの大学なのか、そして卒業しているかどうかなどの詳細については一切明かされていません。

 

その代わり、電撃文庫MAGAZINE Vol.31 2013年5月号執筆陣あとがき がわりに……席替えでひと言というコーナーでは、中高大と職場での様子に触れられていました。

 

その中でも、高校時代は男子校に通われていたみたいです。

魔法科高校の劣等生』はもちろんのこと、『ドウルマスターズ』でも主人公が高校生ですので、高校時代には何らかの思い入れがあるのかもしれませんね。

 

なお、席替えには良い思い出がないそうです。

(その気持ちはよくわかりますとも。)

 

佐島勤の本名は?

本名は非公開で、ペンネームの由来もわかりませんでした。

「佐島」と書いて「さとう」と読むので、もしかしたら本名も「さとう」なのかもしれません。

しかも、佐藤姓は日本で一番多い苗字なので、その可能性は十分にあるはずです。

 

他に考えられるとしたら、「さとう」ではなく「さじま」と読む場合でしょうか。

しかしながら、英米系の別名義を使って電撃小説大賞に応募していたという情報もありますので、本名はまったく違ったものであるのかもしれませんね。

 

結婚をしているか否か

学歴や本名だけでなく、プライベートなことはまったくと言っていいほど秘匿されています。

そのため、結婚についての情報も表に出していないようでした。

 

担当編集者の三木一馬さん曰く、佐島勤さんは「とてもきっちりした方で、性格が作風に表れている」とのことですので、収入面を差し引いても魅力的な方であることは確かでしょう。

また、同氏は「とても大胆なアプローチを作品に投入するときもありまして、なかなか侮れない人です」とも語られていて、几帳面な印象だけでなく冒険心を忘れていない人柄であることが伝わってきますね。

 

まとめ

佐島勤さんは依然として謎に包まれた作家ですが、作風には特徴があります。

作り込まれた設定は他作を圧倒するほどの出来映えで、長い年月を掛けて培ってきた知識を凝縮させたものなのだと思います。

 

ジュブナイルといえば少々古くささを感じてしまいますが、だからこそ根強い人気がありますし、『魔法科高校の劣等生』は現代のライトノベルに求められるものがすべて詰まった作品であるのかもしれません。

 

このことから、今後も安定したストーリーが展開されると予想できますので、一読者としてはいつでも安心して楽しめるでしょう。

スポンサーリンク