吉野匠(小説家)の死因は病気だった?プロフィールや本名は?結婚や年齢も調べてみた

ライトノベル作家
スポンサードリンク

突然ですが、小説家である吉野匠(よしのたくみ)先生が亡くなったという訃報が、アルファポリスにて届けられるというニュースがありました。

吉野先生はレインというシリーズ作品の作者であり、アルファポリスは吉野先生が実際に活動していたサイトであったために真っ先に吉野先生の訃報を報じたという事のようです。

レインシリーズは元々吉野先生のご自身のサイトで書かれていた作品ですが、その作者である吉野先生の死因はなんだったのか、そもそも吉野先生がどのような人だったのでしょうか。

わかる限りですが、見て行ってみましょう。

 

スポンサードリンク

レインシリーズ作者、吉野匠のプロフィール

 

名前 吉野匠
読み よしのたくみ
出身 東京都
本名 不明(非公開)
年齢 不明(非公開)
生年月日 不明(非公開)

今回亡くなったとされる、小説家でありライトノベル作家でもあった吉野匠先生

その吉野先生と言えばレインシリーズの作者であり、その人気は累計130万部を突破するほどのものでした。

レインシリーズはライトノベルに分類されますけれども、それで130万部を突破するほどの人気があったというのですから、吉野先生は相当な知名人、実力者であったと言えるでしょう。

そんな吉野先生の訃報について最初に告げたのはアルファポリスですが、後々ニュースサイトも報じて、全国ニュースとなりました。

「レイン」シリーズなどで知られる小説家・吉野匠さん死去したことがわかった。アルファポリスがホームページで訃報を伝えた。

吉野匠さんは、自身のホームページで2000年ごろから連載していたファンタジー小説「雨の日に生まれたレイン」が人気を博し、2005年に「レイン」のタイトルでアルファポリスからデビュー。現在までに15巻を刊行し、累計130万部を突破するヒットシリーズとなっている。

アルファポリスは、吉野さんを「まさに現在興隆を極める Web 発ライトノベル系小説の先駆者というべき存在」と回顧。「このたびの突然の訃報に、編集部もただただ驚き、言葉を失っている状況です。『レイン』をご愛読いただいている方々、吉野匠さんのファンである方々にご報告させていただくとともに、吉野匠さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます」と追悼コメントを綴った。

https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0220/blnews_190220_8593011498.htmlより引用

川原礫先生時雨沢恵一先生達と比べると足りていないという感じでしたが、吉野先生の知名度はしっかりとある方だったのでしょう。

しかしその知名度が伸びる事になった原因はご自身の突然の逝去。

可能であれば生きているうちにもっと有名になってもらいたかったところです。

 

そんな吉野先生の人物像ですが、ツイッターの中でこの訃報を受けて、吉野先生の人物像に関するコメントが見受けられました。

これらによりますと、吉野先生は気遣い、他人への思いやりの意思の強い方であったらしく、とても優しい方でもあったようです。

あまり明るみにならないけれども、とても良い人柄の作家であったという事だけは確かです。そして、小説家でそういった性格や人柄の人は、大変珍しい方に入っているとのこと。

吉野先生はあまり有名ではないものの、沢山の人から好かれていた作家であったのです。

 

 

その死因とは?

気になるのは吉野先生がどうして亡くなられたのかという点ですよね。

吉野先生の訃報自体は書かれておりますけれども、そこに吉野先生の死因と思われる事柄についての言及はありません。なので、吉野先生の死因は不明という事になってしまっております。

 

出来る事ならアルファポリス辺りが明かしてもらいたかったのですけれども、吉野先生の死因が明かされないとなると、著名人一般人問わない全ての死因が候補に挙がります。

癌を中心とした様々な病気交通事故事件……人の命が奪われる全ての事柄が、吉野先生の死因であるという事が、現在言えることです。

しかし、昨今の癌で亡くなる人の多さから考えるに、吉野先生もまた癌だったのではないかと思いますね。

年齢や本名は?

そして吉野先生の本名や年齢ですけれども、それらはすべて非公開にされているようです。

これはほとんどのライトノベル作家の人達にみられる事で、本名は勿論、年齢も明かさないなんていう事はざらにあります。なので吉野先生も同じように個人情報は特に明かしていなかったという事なのでしょう。

ライトノベル作家という職業柄、年齢や職業などの個人情報を公開するメリットがありませんからね。

これは上述した『ソードアート・オンライン』の作者である川原礫先生、『キノの旅』の作者である時雨沢恵一先生、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の作者である大森藤ノ先生にも共通していることです。

 

しかし吉野先生の名前は吉野匠。匠は基本的に男性にみられる名前ですから、吉野先生が男性である事、もしかしたらそれが本名である可能性もある事、そして東京都出身である事はわかります。

 

結婚の有無は?

それで、吉野先生はご結婚なさっていたのかという情報ですが、これもまた不明です。

そもそも小説家という職業は黙々と執筆を続ける仕事ですから、基本的に恋愛からは遠ざかります。

なので吉野先生は恋愛せず、ご結婚もなさらずに小説に打ち込み続けていたのかもしれません。

或いは、恋人と言えるのは作品を読んでくれる読者そのものだったのか。

もしかしたらそう言う事なのかもしれませんね。

まとめ

吉野先生の作品であるレインシリーズは今のところ15巻まで出ているのですが、これからどうなるのかはわかっておりません。

15巻で最終巻となってしまったのか、16巻が最終巻となるのかも不明ですが、作者が居なくなってしまった小説は終わるしかないというのも現実です。

しかし、レインシリーズを誰かが続けるという可能性もあるので、慎重に見ていく必要もあるのかもしれません。

スポンサーリンク